logl・ログル

世界をログしよう!

復活起業家が本音で語る! 「失敗からの復活起業フォーラム」パネルディスカッション【1/3】

一般社団法人MAKOTO
2016.06.10

日本初の再チャレンジ支援に特化した投資ファンド「福活ファンド」を運営する一般社団法人MAKOTO主催により、2016年3月25日に「失敗からの復活起業フォーラム」を開催されました。再起業から成功した起業家含む4名による「失敗からの復活」をテーマにディスカッションを展開。これから再チャレンジする人へメッセージを伝えます。

主催:一般社団法人MAKOTO 協賛:株式会社福島銀行

福活ファンド http://rechallenge-fund.com/


日本初の再チャレンジ支援に特化した投資ファンドである「福活ファンド」を運営する一般社団法人MAKOTO主催により、2016年3月25日に 「失敗からの復活起業フォーラム」が開催されました。再起業から成功を果たした起業家であるクラウドワークス・吉田氏、SYホールディングス・杉本氏、ベンチャー企業政策に関わる経済産業省・石井氏、主催者MAKOTO・竹井(モデレーター)の4名が登壇し、「失敗からの復活」をテーマに熱いディスカッションを展開。二人の起業家がありのままに語った実体験を軸に、再起におけるハードルやリスクマネーへの期待、これから再チャレンジする人へのメッセージを伝えます。


【登壇者自己紹介 石井芳明氏】

竹井智宏(以下、竹井) 本日は、パネルディスカッションという事で、今をときめく経営者の方々にご登壇いただいていますが、共通するのが過去に失敗を経験されていることです。そのようには見えないお二人ですけれども、非常に大きな痛い思いをされてきています。本当に日本に再チャレンジできる文化を作っていく時に、こういった先輩方の過去の経験、そしてそこからの学び、そして日本全体がそれを仕組みとして解決するという事をやっていきたいと思っています。今日は、そのヒントになるようなパネルにできればと思っております。まず初めに、皆さんの自己紹介や、ご自身が今されている事業や、それから過去の失敗の経緯や、そこから再起に至る経験などをご紹介ください。

竹井 石井さん自身は官のお立場ですので、経営の失敗は無いとは思いますが、ベンチャー支援や政府の立場から見たご意見も踏まえてお話しください。では、トップバッターお願いします。

石井芳明氏(以下、石井) 経済産業省の石井でございます。新規産業室で、ベンチャー支援と大企業を含めて、新しい事業をする人を応援する政策をやっています。我々は日本で新しい事にチャレンジする人の割合である開業率を倍増しようという取り組みを政府の成長戦略の中でやっています。それを実現するためには、失敗した人が次々にチャレンジできる、そういう環境を作って行かないといけない。でもなかなか政府でそれをやるのは難しいので、先ずそれに先駆けてこのファンドでトライをしていただけるのは、本当に凄い事だと思っています。

 失敗は無いだろうというお話しをいただきましたが、僕らも結構失敗しています。色々な政策をやっていますが、上手くいかない事が山のようにあります。でも、その失敗を認めたうえで、次の手を打つというのが大事。例えば、今一番僕らが力を入れている事が、シリコンバレーとの架け橋プロジェクト。去年、歴代の現役総理として初めてシリコンバレーを訪問した安倍総理が現地で発表した新プロジェクトをやっています。実は、このプロジェクトが失敗から学んでいるのです。僕らは、これまでに、シリコンバレーをターゲットにした政策を何回もやってきたのですが、失敗の連続でした。何故かと考えると、形を真似てシリコンバレーを日本に作ろうとしていたから。そのやり方で世界中の他の国も同じように失敗していました。だから、それを認めたうえで、形を真似るのではなく、人と人との繋がりをいかに作るかという事で今取り組んでいます。


【登壇者自己紹介 杉本宏之氏】

杉本宏之氏(以下、杉本) ただ今ご紹介にあずかりました杉本でございます。私は神奈川県川崎市で育ちました。高校卒業後に不動産会社に19歳の時に就職をしまして、5年間修業をさせていただき、24歳の時に独立を致しました。若さの勢いに物を言わせて4年間で28歳の時に上場をさせていただきました。

 これは何も経験をせずに勢いだけで行っちゃったものですから、28歳で100億円近い資産が転がり込んできました。年収もよく覚えていますが当時は3億円ぐらい、28歳で。だいぶ有頂天になってしまいまして、思いつく限りの自己投資や事業に対する投資から遊びも含めて、本当に様々なことをやりました。28歳で成功を経験させていただいた後、31歳までにありとあらゆる失敗をしました。

 結果的にはリーマンショックという事もありましたが、9割は自分の未熟さであり自分の自己責任なのですが、リーマンショックの半年後ぐらいですかね、民事再生を致しまして自己破産を致しました。その当時、出資をして頂ける方や応援をして頂ける方々に支えられて、2009年8月にまた再び創業して、お陰様で社員数200名ほどになりました。

 当時、エスグラントコーポレーションと言う会社を経営していたのですが、最盛期370億円ほどの売上を記録しておりました。現状は来期売上が半分ぐらいで、純利益ベースで言うと当時のエスグラントコーポレーションよりも利益率が高くなっております。人数半分売上半分で、利益ベースで超えられたというのは、非常に様々な経験をさせていただき、無駄な物がだいぶ削ぎ落されて効率の良い経営ができているのかなと思っております。

 今後も粛々と様々な失敗をしっかりと反省をいたしまして、やはりご迷惑をおかけした方々の為にも、しっかりと永続する会社を築いて、社員、お客様を幸せにするという使命感を強く持って経営をして参りたいと思っております。

竹井 有難うございます。杉本さんは、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』という本を書かれておりまして。何で、これを書かれようと思ったのですか?なかなか赤裸々に凄い内容が色々書いてあるのですけれども。

杉本 堀江貴文さん、通称ホリエモンが先輩で、友人みたいに親しくしていただいてまして、堀江さんと何気なく話している時に、民事再生をして自己破産をした経験を話したら、『その話は、本当に面白い。是非これを本に出すべきだ』と。たまたま堀江さんもダイヤモンド社から本を出されていて、堀江さんと永井さんという方のご紹介で編集長の方とお会いし『それちょっと話してみろよ』と言われて軽いノリで話していたら、その担当編集長の方が『すぐ出そう』とその場で決断していただきました。

竹井 なるほど。この反響も凄いのですか?

杉本 お陰様でもうだいぶ。5万部以上売れたというところまでしか聞いてないですけど、韓国でも出版する運びになりまして。取材を担当してくれた方は『社長賞を貰えるのじゃないか』と言っていますね。でもそれは多分、全然売れないと予想したのに予想以上に売れたので、そういう形になったと思います(笑)

竹井 いや、確かにあんまりこういった情報、赤裸々な情報というのは無いので、それを勇気を持って出されるという事はすごいですね。やはり皆さん興味もあるし、話しを聞いて役立てたいという事で買われるのだと思います。

杉本 でもだいぶ削除されて。

竹井 削除されたんですか?

(会場笑)

杉本 私は思い切って社名も銀行名も出そうという事で全部書いたのですが、校了3日前にダイヤモンド社の偉い方から電話があって『杉本さんは覚悟を決めたのかもしれないけど、当社としては覚悟を決められません』という事を言われ、だいぶ社名とか色々なところが削除されてしまったのです。それだけマイルドになりました。


【登壇者自己紹介 吉田浩一郎氏】

吉田浩一郎氏(以下、吉田) クラウドワークスの吉田と申します。そうですね、クラウドワークス自体は2011年に創業して、2014年12月に上場という事で、設立から3年ほどで東証マザーズに上場を果たしました。昨年には、安倍首相が表彰する経済産業省の「日本ベンチャー大賞」の「ワークスタイル革新賞」を受賞させていただきました。さらに一部上場も果たすべく日々頑張っているところです。

 私自身は、10年以上前にドリコムと言う会社のベンチャーの役員としてチャレンジをして2006年2月に上場を果たしています。その時は営業担当役員だったので、自分自身が結構自信を持って、俺がやっても出来るのじゃないかという事で1回目の起業をしています。

 1回目の起業はもう散々たる結果で。起業してみたらドリコムの営業担当役員の時の上場と全然違っていて、社長になってみたら何やっていいか分かんなくなって。こんなに社長業というのは、全然違うのだなど。がむしゃらに受託とかコンサルとかやりながらお金を稼いで、どうにかこうにか自社事業を色々やってみようみたいな感じで攻めあぐねているうちに、紆余曲折を経て、何故か行ったことも無いベトナムで、日本のアパレルをジャパニーズファッションとして販売を始めました。私自身、輸出輸入もやった事が無いですし、もちろんベトナムでビジネスもやった経験も無いですし、アパレルのビジネスもやった事が無い。そんな中で、そんな事業を始めてしまったんです。

 結局は、無計画で進めてきたアパレル事業で1億ぐらい赤字を出してしまい、そんな折に、日本で収益を担った役員が3年目に取引先を持って独立するという事が起こりました。それも後から調べてみると半年間周到に準備をしていて、彼は自分を裏切るつもりだったんですね。

 そんな出来事から色々学んで、自分としてもう1回、何が良かったのか何が悪かったのかという事を考えました。それから、もう1回チャレンジしようと投資家のみなさんにお願いをしてまわって設立したのが、クラウドワークスです。クラウドワークスは2回目の起業になります。そういった意味で、1回目で学んだ事を、今日、お話しできればと思います。

竹井 吉田社長について私もちょっと調べました。そしたら、1回目の起業のときに様々な事をされていまして、上海でワインビジネスされたりとか、ペットボトルに入れるハーブを販売するという話しがあったりとか、高級アパレルブランドの名義でチョコレートを販売するとか。極めつけは、あれですよ。男性用にスカートを売っている。

吉田 はい。メンズスカートビジネス。今こうして、よく上場できたなという感じです。

(会場笑)

吉田 うちの社員から表参道に観に行きましょうって言われて。『これ今、流行っているのですけど、1ブランドに1点しかないから、すげえ探すのが大変なんですよ。メンズスカートを一堂に比較できるメンズスカート界の価格コムをやりたい』と。で、調べてみたらメンズスカートで検索したら専用サイトは無いわけですね。その時に全然ビジネスが分からなかったので、直感的にこれは良いなと思いました。それでメンズスカート専門eコマースサイトというのを作りました。事業自体はその後、友達に譲っていますが、今でもメンズスカートで検索すると不動の1位なんです。

(会場笑)

吉田 この事業をやっている時は、もう本当にひどい状況で、いわゆるサンク・コストのような感じでした。でもひと月で40万ぐらい売れるんですよ。しかし、利幅が2割ぐらいなので利益は8万円だけ。人一人も雇えない状況でした。でも初めて立ち上げたビジネスでお金が入って来て、すごいと感じていましたね。利用者の半分はおしゃれ男子で、半分は女装趣味の男子。女装趣味の男子は凄く頻繁にメールをくれて、こういうメンズスカートを追加したら良いなど、ユーザーの声をいただいてちょっと嬉しくなりました。それで、やめるにやめられず、やっているうちにどんどん、資金は減り、在庫が溜まって行きました。そしてその状況を変えることができなくなってしまいました。

竹井 なるほど。ベトナムの事業はその後ですね。


【失敗から再起へ】

竹井 その話を聞いていると面白くなりすぎて前に進まないので、ちょっと次に進みます。お二人は、今は楽しい話になりましたが、かなり辛い経験をされて倒産されたりとか、役員に裏切られるみたいな事もあって、相当精神的にも凹んだのではないかと思います。私達も倒産経験のある方とお話しすることがありますが、やはり精神的に凹んで、そこからどう立ち直ってまたやってみようと思えるかというところで、なかなか踏み込めない人が多いんですね。お二人の再起業ですが、吉田社長は1年後ぐらいですか?

吉田 1年です。

竹井 杉本さんは5ヶ月後。すごい、早いんですよね。色々な環境や状況等あったと思いますが、どうやってその気持ちを切り替えて、もう1回やってみようとなったのか、お話しを聞きたいのですがいかがでしょうか。



<関連ログ>

■1/3 登壇者自己紹介/失敗から再起へ

■2/3 仕事より辛いことをやる/きっかけはお歳暮?/再起のハードル

■3/3 なぜ再起できたか/学びの経験、メンタルで負けない/クロージング

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る