logl・ログル

世界をログしよう!

「たとえ負けたとしても、とにかくやれることはやりたい」RJ WyverN選手インタビュー(03/04、SZ戦MVP)

ぺっと@RJファンボ
2017.03.05

2017年3月4日、League of Legends Japan League(LJL) 2017 Spring Split Round6 Match2 [Rascal Jester vs SCARZ]試合後Player of the Matchインタビュー:RJ WyverN選手

参照動画:https://www.twitch.tv/videos/126246380

2017年3月4日に行われた「LJL2017 Spring Split Round6」で、Rascal JesterはSCARZに2-0で勝利しました。

Atyamomo選手のポッピーによるファインプレイや、NoA選手のアッシュのアローがヒットしまくるシーン。そして1ゲーム、2ゲーム通してダメージを出し続けたWyverN選手の活躍はとくに素晴らしく、Player of the Matchに選ばれました。

この記事では、試合後に行われたWyverN選手へのインタビューをテキストでお届けします。

――それではRascal JesterからWyverN選手のインタビューを行っていきたいと思います。

WyverN選手、2-0で勝ちました。今日もグレイブス、エリス、素晴らしいプレイで試合をキャリーして「Player of the Match」です。今のお気持ち、いかがですか?

WyverN:準備していたとおりのバン&ピックでとても上手くいったと思います。練習のときに指摘されていた問題点も上手くクリアできたので勝てたのだと思います。

――今の「準備」という言葉についてちょっと聞いてみたいですね。LJLはこの2週間、空いたわけなんですけど、練習、練習、とLillebeltコーチのもと準備をしてきたっていうことですかね。

WyverN:そうですね。問題点の指摘、というのはLillebeltコーチがしてくれたことです。意見が合わなかったこともあったんですけど、僕としては(その問題点を)直そうと努力したので、今日勝てたのだと思います。

――なるほど。Lillebeltさんは「これまでの5週間は課題をクリアする、テストのような面もあった」ということをお話されていました。今日、勝利しましたが、チームとしての手応えっていうのはどうでしょうか。

WyverN:(これまで)負けていても、チームの雰囲気としては、実は良かったんです。ただ、今日は勝てたので、もちろん雰囲気はとても良くなりました。負けているときよりももっと良いですね。

色々はじめてやることが多いので、問題点やミスだったりはあるんですけど、それが修正されている、直っていっている、という手応えは感じます。

――たしかなチームの成長を感じている、ということですね。それでは明日はRampage戦です。「ここからは本当に勝ちに行く5週間」だとコーチは話していました。意気込みをファンに向けて聞かせてもらってもいいですか。

WyverN:Rampageというチームは、僕たちが勝つのは難しい相手だなというふうに感じています。ただ、たとえ負けたとしても、とにかくやれることはやりたいと思っています。

――ありがとうございます。Rascal JesterからWyverN選手のインタビューでした。

(インタビュワー:katudionさん、通訳:スイニャンさん)


Rascal JesterオフシャルWEBサイト

Rascal Jester公式Facebook(英語)

Rascal Jester公式Twitter

画像はLJL公式Facebookより引用

© 2017 Riot Games, Inc. All rights reserved.

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る