logl・ログル

世界をログしよう!

<後編>とっとり企業フォーラム2017【特別講演「スポーツビジネスで新たな挑戦、アスリートから起業家へ」】Part2

坂脇奈緒
2017.04.25

2017年1月26日(木)に開催されたとっとり起業フォーラムのイベントログになります。

「話し上手」な人はやっぱりスゴい

海老根:ベンチャー支援をしていて、この人、いい経営者だなっていうタイプ像って、どんな感じなんですか、為末さんは?

為末:僕ですか。知り合いの人で、仕事一緒にしたことがないので、横で見ているぐらいしか僕は分からないんですけど、「そもそも本質は一体何なんだろう?」みたいなところから考える経営者が僕は好きですね。そういうところから入る人の話って、シンプルだから楽しいですよね。つまり、私は何をやるというのがスパーンと出てくる感じで。

海老根:ものごとを簡単に話せる人ですね。

為末:そうなんです。今、僕の会社がすごく悩んでいるのは、自分が何屋か言いにくくてですね。

海老根:何屋なんですか?(笑)

為末:多分、タレント事務所ですね。だから起業家じゃないんですよ、今のところは。なりたいとは思っているんですけどね。すごい端的に話す人って多いじゃないですか。ああいうのは見ていてあこがれるなと思いますね。僕はいまだに自分の会社のことすら整理できてなくて、社員に詰め寄られて、「社長、うちは何屋なんですか」って言われて。すいませんね、夢がない話ばっかりで。そういう感じなんですよ。

各地域での活動について

海老根:じゃあ話を変えまして、為末さんが、他の県でいろいろご活躍されている、地方を盛り上げている事例を、何か2、3あれば。

為末:有名なのって、ニセコですかね。ニセコは、ほぼ英語化されていると思います。運もあると思うんですけど、どこかの国が目をつけて、そこの地域をパーッと盛り上げていってというのは、面白いなと。地元がコントロールできない点はある気がするんですけど。

もう1つは、スポーツの話ばっかりになっちゃうんですけど、鹿児島のほうにスポーツクラブがあって、陸上競技の会員で、数百人とか、数千人レベル集まって練習しています。鹿児島の田舎の方なので、やろうと思えば、どこでもできるモデルだと思います。おじいちゃんから子どもまでいて、地域の学校が、少子化で部活なくなっているんですけど、そこに陸上部があるので、問題なく運営されています。

多分、鳥取もラグビー部とか十数人必要なスポーツは、難しいと思うんですよね。なので、いつか地方は、部活モデルをある程度、切り替えないといけないんです。ただ、それがうまくできていなかったりするときに、地方のクラブがあってそれを受け止めているというのは良いと思っています。本来、学校が行っていたものが、様々な問題の中で運営できなくなっています。それを地域総合型クラブという形で存在することで、防災の観点とか防犯の観点とか、いろんなものをカバーしてるというの今後、どんどん地方で推進されていくのではと考えてます。

海老根:地域は、何を困って、為末さんに頼むんですか。何か困っているから為末さんに来てよと頼むんですよねー。

為末:よく、国内外のスポーツ関係の事例を教えてくださいと言われます。

海老根:そういうときにはどういう事例を。スポーツで成功している地方とか、海外の地域ってあるんですか、事例として。

為末:例えば、ナイキの本社ってオレゴンにあるんですよ。ナイキの本社があるポートランドは、人口的に60万人ぐらいなんです。。

田舎には大フィーバーがある

海老根:さっき言ってましたよね。田舎に大フィーバーがあるって。

為末:そうなんです、ほとんどスポーツの大きな企業って田舎にあって、アディダスも田舎の出なんですよ。本社もいまだに地方にに置いてるっていうのが、スポーツの特徴だったりするので。逆に、スポーツ界の大きな企業の感覚からいくと、そこの本社に行くときに、みんな飛行機を乗り継いで行っているんですけど、日本だけなぜか東京に本社がある会社が多くて、それって変なんじゃないのって思ったりするんですよね。

海老根:それ、不思議ですよね。なんで日本はそうなんですか、みたいな。

為末:そうなんですよ。東京が便利すぎるのか。便利って言ったって、土地は高いわ、人の値段も高いわ、と考えたら、本当はそうじゃないほうがいいんじゃないかという気もするんですけど。そういうもんだと思い込んでいるのも半分ぐらいある気がするんですけどね。

そういうのが好きな人たちが集まっていて、ナイキの本社の社員も、オレゴン出身の社員なんてほとんどいなくて、みんなニューヨークとかサンフランシスコとか、もちろんアメリカじゃない人もいっぱいいるんですけど、それがオレゴンで働いて。

陸上トラックがあるんですよ。昼休憩にスタートダッシュやってる人がいたり、バスケットボールやったり。そういうのって、絶対、オレゴンのその環境じゃないとつくれないので。ニューヨークとかロスでそんなこと難しいわけですよね。で、そういうライフスタイルがそもそも好きな人には素晴らしい環境になっているわけです。

昔ニセコの田舎の人たちに聞いたことがあるんですけど、最初は、「なんでこんな不便なところにオーストラリアから来るんだ」って思ってたみたいなんです。

すっごいそういうのが多くて、こないだも、岐阜の奥のほうに自転車で登る道があるんですよ。そこの社長も、「なんでこんな不便なところに外国人が来るんだ」と言うんですけど、外国人からしたら、いいか悪いかはともあれ、日本みたいに公道がきれいな国ってないんですよ。しかもちゃんと整備されていて。

世界で一番スポーツが行われている場所って、野球スタジアムとか思われているんですけど、道路なんですよね。ランナーと、自転車乗る人が、世界で一番競技人口多いので。

その道路がきれいであると考えたら、しかも、車が通っている都市部と違って、車が通っていないと考えたら、世界で一番いいスポーツ環境を持っているということに、岐阜の人たちは気づいていないわけですよ。で、勝手に外国人が来て走っているのを見てて。

海老根:結構、自分たちで、自分たちがすごくなれるということに全く気づいていないですよね。

為末:そういうことなんですよ。ニセコは、「こんな雪ばっかり不便なところ」と言って、雪を求めて人が来るということに気がついていなかったという、そんな感じなんですよね。

海老根:それで結構自分たちを過小評価しているというか、すごいことに気づいていないんですよね。

「よそ者」「若者」が地方を変える

為末:そういう意味では、よく、よそ者・若者が変えるって言いますけど、実際にその人たちじゃなくても、よそ者の話をちょっと聞いてみるだけでも、自分たちのいいところに気がつくというのはある気がしていて。

それが、スポーツ選手がコーチをつける一番の意味なんですね。自分でいいとこ気づくんだったら、コーチ要らないんですけど、コーチが「お前の気づいていない強さはこれだ」と言うから納得できるわけで。そういうのは、地方っていっぱいある気がしますけどね。岐阜とニセコはそうじゃないかなという感じですね。

海老根:僕も、富山で富山企業未来塾というのをね、毎年、50人ぐらいの選抜された起業したい人間を集めて、僕は県外講師の一人として、それを半年間鍛え抜くんですけれども。

県内講師が4人いて、県外講師が4人いて、8人で鍛えまくるんですよ。みんなすごいですよ。すごいけど、まず一つ不思議なのは、「富山で一番になりたい」って言うんですよ。目標が小さくないですかね?

為末:小さいですね、それはね。

海老根:北陸3県No.1ならまだいいけど。「なんで富山で一番なの、だっせー」とか私は言っちゃって。「世界だろ、狙うは世界、普通は」って。すごいのに、過小評価するんですよ。自分のすごさに気づいてないんです。

為末:そうですね。

海老根:不思議ですよ、ほんと。

為末:100メートルは日本一から世界一,遠いんですけど、針とか、体のメンテナンスをするトレーナーってご存知ですか?それで世界で一番ではないですが、まあまあの人がいて、「こんな日本でも通用しない俺が」みたいなことを言いながら、アメリカへ日本の選手に連れられて行ったんですね。

そうしたら、日本の選手はメジャーリーグをやめることになったんですけど、そのトレーナーの評価が良すぎて、チームに雇用されて。今、メジャーリーグだけで十数人ぐらい日本人が働いているんですよ。

つまり欧米に全然おいていかれているジャンルと、実は日本が先頭を走っているジャンルがあって、そのことにすら気がつかなかったりするじゃないですか。いろんなものを見ると、そういうことに気がついたりすると思うんですけど。

そういう、実は日本で一番になるだけで世界で一番になれちゃうジャンルがあるような気がしてて。それがいいとは限らないですけど、要は視野を広げれば、いっぱいチャンスがある気がします。


鳥取県に提案したい「セカンドキャリア」ビジネス

海老根:さっき控室で為末さんと盛り上がっていたビジネスがあって、為末さんがぜひ鳥取県に提案したいビジネスがあると。

端的に言うと、ある一時期しか活躍できない人のセカンドのキャリアというか、セカンドライフを考えるというものです。スポーツ選手や漁師などの特殊技能を持つ人。

為末:スポーツ選手って引退した後にセカンドキャリア問題って大変な時期があるんですね。プロは、僕は正直、自業自得だと思うんですよ。だって、何千万とかもらって、悩むところはもちろんあると思うんですけど、自分でちゃんと考えないといけませんよ、ってあると思うんです。

でも、アマチュアの選手の収入って、ほとんど一般のサラリーマンと同じで。だけど国は背負うわけですね。で、最近は、契約選手でやっているのが多いので、引退した瞬間に会社は辞めることになるんですね。そうすると、次の給料を探さないといけない。

すぐ就職しようとするんですけど、引退する瞬間までスポーツで頭がいっぱいなんだけど、引退した瞬間から次の人生をすぐ始めないといけないんです。これ、プロは2年ぐらいあるお金でやっていけるんですけど、アマチュアはそれがないので。

海老根:全然食べれないんじゃないですか。もう飲食で働くとか、小売り店のバイトとか。

為末:そうですね、それもありますね。もちろんいろんな仕事があっていいと思うんですけど、少なくとも、大学生が卒業するときとか高校生が卒業するときに、自分が将来何やりたいんだっけということを全くやらないまま、30歳に来ていることがほとんどなんですね。 なんかそこの間をうまくつなぐサービスがあるといいなと思っています。

働きながら、社会を知りながら、人生について考えるというのが良くて、もうこれやりますと決めちゃうには、ちょっと世の中を知らなさすぎるんですよ。理想は、中高生がやっている職業体験みたいなものですかね。もう少し本格的に働きながら選択しを考える仕組みを創れるとよいと思うんですけどね。

海老根:そういう人が働き始めて成功しているところって、どういう職種とかあるんですか?スポーツクラブとか?

為末:そういうのはありますけど、職種もあるんですけど、その前に、選手の中に、「俺はこれをやっていきたいんだ」という納得感があるかどうかが、次の活躍に結構関係しています。いろいろ考えた結果、「俺はこれをやりたいんだ」と思うと、やっぱりアスリートってしっかりはまると、ワーッと突っ走っていい結果を出したりするんです。

ズルズル苦しいパターンは、いったん会社に入ってみたものも、「こうじゃないんだよな、こうじゃないんだよな」って言いながら3、4年経って辞めて、次に入っていったんだけど、「こうじゃないんだよな」っていう感じですね。

そういう人は、もうちょっと最初の段階で、いろいろ体験しながら自分の考えを練って、「よし、そろそろお前、ちゃんと何やるか決めろ」みたいなのがあると、頑張れたりするんですね。職種としてはいろいろあると思うんですけど、腹を決めるまでの余白がないというか、そんな感じですかね。


セカンドキャリアには多くの可能性がある

海老根:為末さんは、スポーツ選手のセカンドキャリアビジネスを、自分ではしたいんですか?

為末:僕はやってみたいですね!

海老根:ここに誰か、「俺やる」って言ったら支援します?

為末:そうですね、やります。

海老根:誰かやりませんか。

海老根:後で来るかもしれないですね。

為末:この話終わるときにはやりたくなってるかもしれないですね。誘い込んじゃいます!実は、面白いのが、何もやっていないんですけど、こういうこと言ってるとね、音楽家の人たちが来て、

音楽も同じらしいんです。ピアノでウィーンとかまで行って、楽団で働いて戻ってきたんだけど、やっぱりちょっと厳しくて、次の人生を歩みたいんだけど、ピアノ以外はよく分からないって言うんですね。

厳しいなと思って話を聞いてたら、「何をじゃあ向こうでやってたの」って聞いたら、「オーストリアにいました」と言って、「ドイツ語とフランス語ができて、オーストリアの何とか大臣は知ってます」とか言うんですよ。

「それあなた、向こうに進出したい企業の何かやればいいんじゃないですか」みたいなことで、さっきと一緒ですね。自分が持ってるものが周りの人間と比べると当たり前なんですけど、違うとこに行ったらすごく特別なものだということに気がついていないんですよ。

「私なんて」と思っている中に、素晴らしいものがあるということに気がつけていないということのもどかしさみたいな。そんな感じですね。

だから、スポーツと言いながら、スポーツもあって音楽もあって、多分書道とか、そういういろんな専門の職人みたいな世界の人たちは、似たような課題を抱えているんじゃないかと思ってます。

後半Part1:こちら

後半Part3:こちら

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る