logl・ログル

世界をログしよう!

【英日併記】人気モデル・水原希子さんによる中国のネット・コミュニティに対する2016年の謝罪動画(全文書き起こし+翻訳)

T. Katsumi
2017.09.19

2016年,人気モデルの水原希子は3つの疑惑を巡って中国内外の批判に晒されていた。靖国と旭日旗の前で侮辱的なポージングをしたこと,そして13年に問題になったインスタ騒動のことだった。同年7月,水原は謝罪動画を投稿したが,今度は日本で批判に晒されることになった。これまで全訳はされたことがない原文から書き起こして翻訳した。

参照動画:https://youtu.be/8AGsDlGUjjQ

Hello everyone, I am Audrie Kiko Daniel, also known to my fans and most people as Kiko Mizuhara.

皆さま、こんにちは。オードリー・キコ・ダニエルです。ファンの皆さまやほとんどの方は「キコ・ミズハラ」の名前でご存知のことと思います。

I would like to sincerely apologize to everyone in China and clarify a few things through this video, especially the online community, for being upset with me over recent events.

中国のすべての皆さま、とくにネットのコミュニティの皆さまへ、このビデオを通じて、私のことで不快な思いをさせてしまったことについて深くお詫びをするとともに、幾つかの誤解を解かせていただきたいと思います。

For those who are not familiar with my background, I currently live in Japan, but I was actually born in the United States. My dad is American and my mom is Korean born in Japan. Our family moved to Japan when I was two. And growing up in Kobe with my diverse cultural background has given me the opportunity to be exposed to different culture and befriend people from around the world. More importantly, I learned to appreciate mutual respect for different people.

私の生い立ちをよくご存知でない方に説明いたしますと、私は現在は日本にで暮らしていますが、生まれたのは実はアメリカです。父はアメリカ人で、母は在日韓国人です。私たち家族は、私が2歳の時に日本に移住しました。そして多様な文化的背景を持つ私は、神戸で育つことで、多種多様な異なる文化に接し、世界中の人たちと親しくなる機会に恵まれました。そして何よりも,異なる人びとと相互に尊重し合うことを学びました。

I see myself as a global citizen, and even before coming to work in China in recent years, I have many Chinese friends in Japan who are very close and dear to me.

私は自分自身を地球市民だと思っています。最近になって中国でお仕事させていただく以前から、日本にはとても親しい、とても大切な中国人の友人たちが大勢いました。

As I now spend more time in China, I feel fortunate to be able to make new friends, learn more about China; about its long history and it's amazing culture. I definitely would not offend or intended to offend anyone in China.

そして今、中国でより長い時を過ごすようになり、新しい友人たちと出逢い、中国の悠久の歴史や素晴らしい文化などに触れ、中国についてより深く学ぶ機会に恵まれたことを幸運に思っています。中国の誰にもけっして不快な思いをさせたくはありませんし、またそうする意図もけっしてありません。

Hence, I would like to clarify and bring up close on three recent incidents.

ゆえに私は,3つの出来事について、誤解を解くともに、その真相に迫りたいと思います。

Firstly, I am a supporter of world peace, and definitely, anti-war. I'm confirming that this is definitely not me in the picture. A very good Chinese friend told me that this is a case of "mistaken identity".

まず、私は世界平和を支持し、断固として反戦の立場をとる者です。あらためて確認しますが,この画像に写っているのは確実に私ではありません。中国人の朋友が教えてくれました、これは所謂中国の故事に倣う「人違い」だと。

The second incident which I would like to clarify is related to another picture. I was accused of posing offensively in front of a flag. I would also like to confirm that I am not in the picture and that I am a supporter of peace.

誤解を解きたい二つ目の出来事は、もう一つの写真に関連しています。ある旗 [旭日旗] の前で [中国人にとって] 侮辱的なポーズをとったと疑われていました。これについても,画像に写っているのは確実に私ではないこと,また私は平和を支持する者であることをあらためて確認させていただきます。

Thirdly, there was a regrettable incident on Instagram in 2013 when I was introducing my friend to Instagram and I was encouraging him to post pictures. As a result, I was supporting his posts by giving him 'likes,' but regrettably found out that he had posted an extremely inappropriate picture. I deleted my 'like' within an hour, and my friend also deleted the picture after realizing that he was wrong.

三つ目は,2013年にInstagram上で,私が友人にInstragramを紹介し,画像の投稿を薦めていたときに起きた残念な出来事でした。私は彼の投稿に「いいね」をすることで彼を支援していたのですが,[後になって] 彼がきわめて不適切な画像を投稿していたことを知る残念な結果となりました。私は1時間以内に「いいね」を取り消し,後で誤ちを犯してしまったことを知ったその友人も画像を削除しました。

In addition to say[ing], "对不起(I'm sorry)" to everyone, I would also like to encourage anyone who has been misunderstood to speak up, and present the truth when caught up in "mistaken identity" situations.

皆さまに「ごめんなさい」を伝えるとともに,皆さまには、[私のような] 「人違い」から生じる状況に巻き込まれた場合には、声を大にして訴え出て、真実を指し示すように呼びかけたいと思います。

Lastly, I would like to apologize, again, for upsetting anyone. We are all from different cultures, but I truly believe that with more mutual understandings, love and peace will bring us together and make the world a better place.

さいごに、皆さまに不快な思いをさせてしまったことについて,重ねてお詫びいたします。私たちはみな、異なる文化を抱えています。けれども私は,相互に理解を深めあえば,愛と平和が私たちを結びつけ、よりよい世界をつくることができると,そう心から信じています。

"謝謝大家(Thank you very much.)"


ありがとうございました。


(参考)『リテラ』 2016.07.20

(解説)原文+訳文+あとがき+解説

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る