logl・ログル

世界をログしよう!

【英日併記】2015.09.17慰安婦像設置容認を決議したサンフランシスコ市議会で日系団体に「恥を知りなさい」と語ったカンポス委員(完全版)

T. Katsumi
2017.11.28

2015年9月17日,米SF市議会で慰安婦像を設置するメモリアルの建立に関する決議の審議が行われた。監理委員会に判断を仰ぐ前に小委員会で監理委員ら3名が多くの参考人を呼んで審議に臨んだ。その中で唯一,発言した日系団体に向けて「恥を知りなさい」と叱責した委員がカンポス監理委員だった。その前後含め全文の書き起こし+和訳。

参照動画:https://www.youtube.com/watch?v=dqFFvyq0vaI&feature=youtu.be


『調和』のありかたについて

I would like to thank all the people who have waited to speak, from all sides here, of this issue. And let me begin by first addressing my friends in the Japanese American community who spoke out against this resolution, including Commissioners Ito and Nakajo.

この問題について,あらゆる立場からここで発言するためにお待ちいただいたすべての方々に感謝を申し上げます。まず,この決議に反対の意を唱えた,コミッショナーのイトウ氏やナカジョウ氏を含む日系アメリカ人コミュニティの方々に対して意見を述べさせていただきたいと思います。

I have a lot of respect for the Commissioners and for all the people who spoke. I understand the point about the importance of 'harmony'. And what I would say is that no one is, in my view, questioning the need to maintain 'harmony'. And 'harmony', certainly among San Fransicans, not only within Asian American community, but all of us, is important.

私はコミッショナー達のことは勿論,発言されたすべての方々のことを大変尊敬しております。そして,『調和』が重要であるという主張も理解できます。誰も『調和』を維持することの必要性を疑問視はしていないと思います。そして『調和』は,われわれサンフランシスカンの間で,すなわちアジア・アメリカン・コミュニティの間だけでなく,われわれすべてにとって重要なことです。

I think we have a difference of opinion in terms of how we attain that 'harmony'. I believe that 'harmony' requires acknowledgement of truth, of what happened, and I don't think that we can have 'harmony' without acknowledgement of what actually took place. And I think it is in that spirit that I am proud to support this resolution.

われわれの間には,その『調和』をどのようにして達成するかについて意見の相違があるようです。私はそのような『調和』には真実を認める姿勢,何が起きたかを認める姿勢が必要だと思っています。そして実際に何が起きたかについて認める姿勢なくしては,そうした『調和』は成立し得ないと考えます。私はその精神において,この決議に誇りを持って賛同できるのだと思っています。


誰もが過ちを犯してきた

I'm a student of history and I love reading about history. And what's interesting about the discussion around the need for reparations for Japanese Americans is that a lot of interesting arguments were made in favor of it or against that. 

私は歴史を探求するのが好きで,歴史について読むことが大変好きなのですが,そうして読んでいる中で日系アメリカ人に対する賠償の問題で興味深いのは,その賛否両論の中でさまざまな興味深い主張がなされてきたことでした。

And one of the things that kept coming as I am reading some of the articles that were written about this is that people opposed reparations for Japanese Americans and opposed the U.S. government for doing anything about that because, among other things, they said, "You know, it wasn't just the U.S. that did that thing." There was a Senator, pretty ultra-conservative Senator Jessie Helms, who said, "I would only support reparations if we acknowledge all the horrible things that Japan did."

この件について文献を読み漁っていると,繰り返し登場するのが,日系アメリカ人に対する賠償金の支払いに反対する人びとの主張,そのために米国政府が何をするにも反対だとする人びとの主張の主な理由が『そうしたことを行っていたのはわれわれアメリカだけではない』というものでした。ある上院議員,ジェシー・ヘルムズという超保守的な上院議員などは,こう語ったものでした。『彼らが日本が行った数々の非道を認めなければ,私は賠償金の支払いには賛成しない』と。

The reality is that human beings, as Supervisor Christensen said, 'on all works of life do bad things to one another. ' And in this case, what happened? So many horrible things were done by people on all sides. 

現実には,クリステンセン監理委員が述べられたように『人間というものは,どのような立場にあってもお互いに害をなす行為をしてしまうもの』です。そしてこの件については,何が起きたのかというと,あらゆる陣営によって多くの酷い所業がなされてきたということです。

But the fact that that is the truth doesn't mean we should not acknowledge what happened here. And that's the point. That by acknowledging what happened here, we're not saying that no one else did anything wrong. To the contrary, something wrong was done.

ただし,それが事実だからといって,今ここで話されたことを認めないということにはなりません。それが私のお伝えしたいポイントです。ここで話されたことを認めるからといって,それは他の誰も誤ったことをしていない,ということではないと。逆に,誰もが何らかの過ちを犯してきたのであると。

And so to those folks, the good people, including many good people who happened to be Japanese Americans, I hope that you take this in that spirit. And as this item goes forward, which I think it will go forward and will pass on to the Board, that you use the opportunity of the monument of the statute as a way of coming together, because I think we have more in common than we do differences.

ですから,善良な皆さん。たまたま当時,日系アメリカ人であった皆さんを含む多くの善良な皆さんには,この件についてはそういった精神で受け止めていただきたいと私は思うのです。そしてこの案件が前に進む間に――おそらくこの案件は前に進み,監理委員会でも審議されるでしょうけれども――この像のモニュメントが建立されることを,われわれが一つになるための一つの機会として捉えていただきたいと思うのです。なぜなら,われわれには相反することよりも共通することのほうが多いはずだからです。


敬愛の念を込めた叱責

I do like to address some of the members of the audience that came here, though, and spoke to deny what happened. And I say this with a great deal of love and respect, but shame on you. Shame on you. Shame on you for denying what happened, and shame on you for the personal attacks on this woman, Grandma Lee, who had the courage to fly from another side of the world to come here to speak her truth.

ただ,この議場に来られた方々の中で,過去に起きたことを否定するために声を上げられた,聴衆の一部の方々に対しては申し上げたいことがあります。これは最大限の愛と敬意を込めて申し上げることですが,恥を知りなさい。恥を。過去に起きたことを否定する自分たちを恥じ,そしてここにおられるグランマ・リーさんを,勇敢にも,地球の裏側からこの地を訪れ,自らの真実を語った彼女を,個人的に攻撃したことを恥じてください。

You know it is amazing… and by the way I hope that the Japanese government is not 'behind' some of these denials. I give credit to this government. I hope that they're not involved because if they are it's a double offense. It adds insult to injury.

これは不思議なことなのですが……ところで,私はこの事実否定の裏に日本政府が居ないことを願っています。日本政府の取組みは評価しているので,このようなことに加担してはいないと願います。もし加担しているならば,二重の罪を犯したことを意味するからです。加害の上に侮辱を重ねたことになるからです。


旧ナチス・ドイツで行われた「忘れさせない」ための努力

Those who study history and what happened in World War II and look what happened in Europe know that when the Allies liberated a number of concentration camps in Europe in the occupied Nazi Germany. They made a point of having some of the German residents of these nearby towns to bring them into the concentration camps so that they could see for themselves what was happening.

歴史を研究する者で第二次世界大戦で何が起き,欧州で何が起きたかを研究する者は,連合軍が欧州内で占領した旧ナチス・ドイツ領の強制収容所を解放した時に何が行われたかを知っています。それは,近隣のドイツ人住民を強制収容所のある場所に連れてきて,何が起きたかを目撃させることでした。

And some of the reasons had to do with that even then when they knew that as much as the facts were there, that hey would be people who in the future who would deny that the holocaust happened. And sure enough, there are people, to this day, who deny that some of those atrocities happened.

そしてこのようなことを行わなければならないと,当時でさえ連合軍側がそう考えたの理由の一つが,これだけの事実が存在しても,将来,ホロコーストが起きたことを否定する者が表れることを確信していたからでした。そして実際,きょうにおいても,そのような残虐行為があったことを否定する人びとは存在します。


歴史を否定しなくても決議に反対はできる

For those of my friends who are against this resolution, I think it's important for you to differentiate yourself and make yourself - separate yourself - from some of the comments that were made here today.

今回の決議に反対された友人の皆さんのおかれては,本日この議場で行われた幾つかの発言と自分の考えを区別する――自らを切り離して考えてみる――ことが大切だということを申し上げておきます。皆さんは,歴史を否定することに賛同せずとも,このメモリアルの建立や今回の決議に反対することができる筈です。

I think that you can be against this memorial or this resolution without being in favor of denying history. I think that the denial of what happened is a disservice to the Japanese American community. I think it's a disservice to the people of Japan, I think it's a disservice to all of us, actually, as human beings.

過去に何が起きたかを否定するのは,日系アメリカ人コミュニティにとって害でしかなく,日本の人びとにとっても害でしかなく,そして,言ってみれば,われわれすべてにとって,そして人間としても,害をなすものでしかありません。


「攻撃」があるのは「忘れさせないこと」の正しさの証

And to Grandma Lee, I just wanna say I am sorry that that was said. But the thing about this country, as a democracy, we have freedom of speech, and as part of freedom of speech, people are free to say hateful things. People are free to say things that are baseless. 

そしてグランマ・リーさん。ここであのような発言がなされたことについては,お詫びするほかありません。ただ,この国は民主国家で,言論の自由が認められており,その言論の自由の一部にはヘイトに満ちたことを発言する自由も,根拠のないことを発言する自由も,認められているのです。

But the thing about the lies and the ignorance is that the more that those people deny what happened and the more those people go after you, the more they prove the point that we do need a monument. Because if people are denying it after all these years then it's important that we have a testament to what happened.

しかし彼らの嘘や無知の問題は,彼らが過去何が起きたかを否定すればするほど,そして彼らがあなたのような人を攻撃すればするほど,このモニュメントが必要であることを証明してしまうことにあります。なぜなら,これだけの年月を経ても否定し続ける人びとがいるのならば,尚のこと,その証となるものの存在が重要になるからです。


グランマ・リーへの謝辞

And so on behalf of the people that I represent, in District 9, and behalf of myself, a San Fransiscan, I wanna thank you for your courage, thank you for what you're doing, and San Francisco is forever indebted to you. And God Bless you. 

ですので,私が代表する第9区の人びとにかわって,そしてサンフランスシスカンである私個人として,あなたの勇気に感謝します。あなたの行っていることに感謝します。サンフランシスコはあなたに永遠の恩義を感じることでしょう。あなたに神のご加護のあらんことを。

And you can see that this is a just country. This is a just city. Justice is an important part of who we are as a city. And so thank you very very much.

ご覧のように,この国は正義を重んじる国です。この街は,正義を重んじる街です。正義は私たちにとって,街として,とても重要な一部なのです。ですから,本当にありがとうございました。大変感謝しております。


さいごに

And the last thing that I would say is, I was looking at… to those who feel that may be something negative can come out of this, I'm a big believer in the truth and I will end with a quote from Mahatma Gandhi, who said, 

最後に,この一件で何が悪いことが起きるのではないかと考えている方々にお伝えしたいのは,私が常に真理を追い求める者であるということ。そして,マハトマ・ガンディーのこの言葉で締めくくりたいと思います。

"Truth never damages a cause that is just".

 『正しき目的で真理を求めるならば,損なわれるものなどありはしない』 

Thank you.

ありがとうございました。


訳者あとがき(ツイッターモーメント)






人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る