logl・ログル

世界をログしよう!

【全文】2017.11.28カナダの #LGBTQ コミュニティに対するジャスティン・トルドー首相による公式な謝罪(英日併記)

T. Katsumi
2018.06.11

「ジェンダー平等」を主要政策テーマに掲げるカナダのジャスティン・トルドー首相が行ったカナダ議会での歴史的な謝罪演説。現代の進歩的なカナダからは想像もできないような、後進的で排他的な国家の蛮行をこうも率直に詫び、正そうとすることができるのものなのか。世界のLTBTQコミュニティが称賛を持って迎えられた歴史的演説の全文。

参照動画:https://www.youtube.com/watch?v=xi23IL3b6cs&feature=youtu.be

Prime Minister Justin Trudeau’s Formal Apology to Canada’s LGBTQ Community

カナダのLGBTQコミュニティに対するジャスティン・トルドー首相による公式な謝罪

Trudeau:

トルドー首相:

Merci, Monsieur Le President.

議長閣下

ありがとうございます。

One of the greatest choices a person can make in their life is the choice to serve their fellow citizens. Maybe it’s in government, in the military, or in a police force. In whatever capacity one serves, dedicating your life to making Canada - and indeed, the world - a better place is a calling of the highest order.

生涯を通じて個人が行う選択のなかで最も偉大な選択のひとつ。それは政府や軍、あるいは警察などに務め、同胞に奉仕することです。どのような立場での奉仕であっても、カナダのために、ひいては世界をよりよくするために奉仕することは、崇高な営みといえるでしょう。

Now imagine, if you will, being told that the very country you would willingly lay down your life to defend doesn’t want you. Doesn’t accept you. Sees you as defective. Sees you as a threat to our national security.

ここで、想像してみてください。命を懸けて守りたいと思う祖国に必要とされないことを。拒絶されることを。欠落のある者だと思われることを。国家安全保障上の脅威だと思われることを。

Not because you can’t do the job, or because you lack patriotism or courage?no, because of who you are as a person, and because of who your sexual partners are.

仕事が「できない」からではありません。愛国心や勇猛さが「欠けている」からではありません。「そういう」個人であり、また性的なパートナーが「そういう」個人であるという理由からです。

Now imagine, Mr. Speaker, being subjected to laws, policies, and hiring practices that label you as different - as “less than.”

議長

ここで想像してみてください。

法律や政策や雇用の実務において、「異端」、あるいは「欠落者」とレッテルを貼られることを。

Imagine having to fight for the basic rights that your peers enjoy, over and over again.

自分の隣人が当然のごとく享受する基本的権利を求めて、来る日も来る日も闘い続けなければならない状況を。

And imagine being criminalized for being who you are.

This is the truth for many of the Canadians present in the gallery today, and those listening across the country.

自分が「そういう者」だからという理由で犯罪者扱いされることを想像してみてください。これは聴衆の中にいる多くのカナダ人にとって、そしてカナダ全土でこの演説を聴いている方がたにとっては、ただの現実です。

This is the devastating story of people who were branded criminals by the government. People who lost their livelihoods, and in some cases, their lives.

これは、政府によって「犯罪者」の烙印を捺された人びとの悲壮な物語です。生活の術を失い、場合によっては、命をも失った人びとの物語です。

These aren’t distant practices of governments long forgotten. This happened systematically, in Canada, with a timeline more recent than any of us would like to admit.

これは遥か遠い昔に忘れ去られた政府の愚行ではありません。これは組織的に、ここカナダにおいて、われわれの誰もが認めくないほど近年にわたって、行われてきたことです。

Mr. Speaker, today we acknowledge an often-overlooked part of Canada’s history. Today, we finally talk about Canada’s role in the systemic oppression, criminalization, and violence against the lesbian, gay, bisexual, transgender, queer, and two-spirit communities.

議長

きょうわれわれは、これまで主に見過ごされてきたカナダの歴史の暗部に光を当てます。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア、そしてトゥースピリット(二つの魂を持つ者)のコミュニティに対して行われてきた組織的な抑圧、犯罪化、そして暴力において、カナダ政府が果たしてきた役割を認める時が遂に来たのです。

And it is my hope that in talking about these injustices, vowing to never repeat them, and acting to right these wrongs, we can begin to heal…

そして私の願いは、こうした不正義の数々を公に語ることで、二度と繰り返さないことを誓うことで、そしてこれらの悪行を正すことで、癒やしのプロセスの始まりとすることです…

Discrimination against LGBTQ2 communities was quickly codified in criminal offences like “buggery,” “gross indecency” and bawdy house provisions.

カナダでは、LGBTQ2コミュニティに対する偏見や差別をいちはやく犯罪化しました。「獣姦」「重大なわいせつ行為」そして家庭内における卑猥な行為を抑圧する条例によって。

Bathhouses were raided, people were entrapped by police.

われわれは、更衣室を強制的に取り締まり、警察は人びとを拘束しました。

Our laws bolstered and emboldened those who wanted to attack non-conforming sexual desire.

われわれは、社会の意に沿わない性的要求を糾弾することが正当化され、強化されるような法律を制定してきました。

Our laws made private and consensual sex between same-sex partners a criminal offence, leading to the unjust arrest, conviction, and imprisonment of Canadians. This criminalization would have lasting impacts for things like employment, volunteering, and travel.

われわれは、同性同士の間で行われる個人的で同意のある性交を刑法上の犯罪行為としました。これにより、カナダ人が不当に逮捕、起訴され、投獄されました。この犯罪化により、就職や社会奉仕活動、渡航を行う上で、長く消えない傷跡を残してしまいました。

Those arrested and charged were purposefully and vindictively shamed. Their names appeared in newspapers in order to humiliate them, and their families.

われわれは、逮捕・起訴された人びとを意図的に、かつ、執拗に辱めました。彼らとその一族を侮辱するために彼らの名前は新聞に掲載しました。

Lives were destroyed. And tragically, lives were lost…

生活が破壊され、そして悲しむべきことに、命が失われました。

Over our history, laws and policies enacted by the government led to the legitimization of much more than inequality?they legitimized hatred and violence, and brought shame to those targeted.

カナダ史において、政府が施行した法や政策によって、単なる不平等を越えるものが正当化されました。憎悪や暴力、そして標的とされた者を侮辱することが、正当化されたのです。

While we may view modern Canada as a forward-thinking, progressive nation, we can’t forget our past: The state orchestrated a culture of stigma and fear around LGBTQ2 communities. And in doing so, destroyed people’s lives.

多くの人は、現代のカナダを前向きで進歩的な国だと思っているかもしれません。しかし、国家がLGBTQ2コミュニティに対するスティグマ化と恐怖の文化を統制し、それにより人びとの一生を破壊してきたという、われわれの過去を忘れてはなりません。

Mr. Speaker, a purge that lasted decades will forever remain a tragic act of discrimination suffered by Canadian citizens at the hands of their own government.

議長

何十年ものあいだ継続して行われた粛清は永遠に、カナダ人に対して行われたカナダ政府による悲劇的な差別行為として歴史に記憶され続けます。

From the 1950s to the early 1990s, the government of Canada exercised its authority in a cruel and unjust manner, undertaking a campaign of oppression against members, and suspected members, of the LGBTQ2 communities.

1950年代から1990年のはじめまで、カナダ政府はその権能を容赦なく、かつ、不当に行使し、LGBTQ2コミュニティの一員である人びと、または一員であると思われる人びとに対して組織的な抑圧を行いました。

The goal was to identify these workers throughout the public service, including the foreign service, the military, and the RCMP, and persecute them.

その目的は、外務、軍務、警務等のあらゆる公務で働く人びとの中からこれらの人びとを選別し、迫害することにありました。

You see, the thinking of the day was that all non-heterosexual Canadians would automatically be at an increased risk of blackmail by our adversaries due to what was called “character weakness.”

当時われわれは、非異性愛主義者のカナダ人は自動的に、「人格的脆弱性」と呼ばれる要因により、敵側による恐喝のリスクに晒されると考えていました。

This thinking was prejudiced and flawed. And sadly, what resulted was nothing short of a witch-hunt.

これは偏見に満ちた、誤った考え方でした。そして、その結果、魔女狩りとしかいいようのない状況が現出したのです。

The public service, the military, and the RCMP spied on their own people, inside and outside of the workplaces. Canadians were monitored for anything that could be construed as homosexual behaviour, with community groups, bars, parks, and even people’s homes constantly under watch.

公務、軍務、警務に携わる者は、職場の中と外で同胞を監視しました。同性愛行為を行うカナダ人は常に監視に置かれました。コミュニティのグループや、バー、公園、そして自宅までもが、常に監視の対象とされたのです。

During this time, the federal government even dedicated funding to an absurd device known as the Fruit Machine - a failed technology that was supposed to measure homosexual attraction.

そのあいだ、政府は当時「同性愛者発見機(フルーツ・マシン)」といわれた滑稽な機器を運用する資金まで提供していました。同性愛者を惹きつける力を計測できるという、まったくデタラメな技術でした。

When the government felt that enough evidence had accumulated, some suspects were taken to secret locations in the dark of night to be interrogated.

こうして十分な証拠が集まったと判断すると、政府は闇夜に紛れて容疑者らを秘密の場所に連行し、尋問しました。

They were asked invasive questions about their relationships and sexual preferences. Hooked up to polygraph machines, these law-abiding public servants had the most intimate details of their lives cut open.

容疑者らは、恋人関係や性的指向など、プライバシーを侵害するような質問を浴びせられました。 法令に忠実な公務員らは、 嘘発見器に繋がれ、最も個人的な秘密までを吐露しなければなりませんでした。

Women and men were abused by their superiors, and asked demeaning, probing questions about their sex lives. Some were sexually assaulted.

男女違わず、上司に虐待的仕打ちを受け、性生活に関する侮辱的で詮索的な質問を浴びせられました。なかには、性的暴行を受けた者もいました。

Those who admitted they were gay were fired, discharged, or intimidated into resignation. They lost dignity, lost careers, and had their dreams?and indeed, their lives?shattered…

ゲイだと認めた者は解雇、追放、または圧力により強制的に辞職させられました。尊厳も、職も、そして夢も奪われ、文字通り、人生を粉々に砕かれました。

Under the harsh glare of the spotlight, people were forced to make an impossible choice between career and identity.

強い光を顔面に照射されるなか、彼らは職とアイデンティティのいずれを選ぶかという、不可能な選択を突きつけられました。

The very thing Canadian officials feared?blackmail of LGBTQ2 employees?was happening. But it wasn’t at the hands of our adversaries; it was at the hands of our own government.

LGBTQ2の従業員らを恐喝するという、カナダ当局が恐れた行為は、実際に行われていました。ただし「敵」によってではなく、自国の「政府」によって。

Mr. Speaker, the number one job of any government is to keep its citizens safe. And on this, we have failed LGBTQ2 people, time and time again.

議長

どの政府においても、その第一の責務は、国民を守ることにあります。わが国はこの責務を、LGBTQ2の人びとを保護する責務を、幾度となく怠りました。

It is with shame and sorrow and deep regret for the things we have done that I stand here today and say: We were wrong. We apologize. I am sorry. We are sorry.

われわれがかつて行ってきたことを恥じ、悲しみと深い後悔の念を抱きながら、私はきょう、こう表明させていただきたい。われわれは間違っていました。謝罪いたします。お詫びいたします。国としてお詫び申し上げます、と。

For state-sponsored, systemic oppression and rejection, we are sorry.

国を挙げて組織的な抑圧と迫害を行ったことをお詫びいたします。

For suppressing two-spirit Indigenous values and beliefs, we are sorry.

土着のトゥースピリット の価値観や信仰を抑圧したことをお詫びいたします。

For abusing the power of the law, and making criminals of citizens, we are sorry…

法を悪用し、国民を犯罪者に仕立てあげたことをお詫びいたします。

To all the LGBTQ2 people across this country who we have harmed in countless ways, we are sorry.

国全体を通じて数多の方法で危害を加えられたすべてのLGBTQ2の方がたへ、お詫びいたします。

To those who were left broken by a prejudiced system;

And to those who took their own lives?we failed you.

偏見に満ちた制度により心身ともに壊れてしまった方がた。

自ら命を絶ってしまった方がた。

われわれは、責務を怠りました。

For stripping you of your dignity;

For robbing you of your potential;

For treating you like you were dangerous, indecent, and flawed;

We are sorry.

あなた方の尊厳をはく奪してしまったこと。あなた方の可能性を奪ってしまったことを、あなた方を危険視し、「わいせつ」であるとか「欠落している」としてしまったことを、お詫びいたします。

To the victims of the purge, who were surveilled, interrogated, and abused;

粛清の犠牲となった方がた。監視された方がた。

尋問された方がた。そして虐待された方がた。

Who were forced to turn on their friends and colleagues;

友人や同僚を密告せざるを得なかった方がた。

Who lost wages, lost health, and lost loved ones;

職を失い、健康を損ない、愛する者を喪った方がた。

We betrayed you. And we are so sorry.

わわれわれはあなた方の信頼に背きました。

謹んでお詫びいたします。

To those who were fired, to those who resigned, and to those who stayed at a great personal and professional cost;

解雇された方がた。辞職させられた方がた。そして個人的にも職業的にも多大なリスクを負いながらも、職に留まることを選択した方がた。

To those who wanted to serve, but never got the chance to because of who you are?you should have been permitted to serve your country, and you were stripped of that option.

兵役に服したかったが、素性によって、服役する機会を得られなかった方がた。あなた方には国に奉仕する機会が認められるべきでした。なのに、あなた方にはその選択肢すら与えられませんでした。

We are sorry. We were wrong.

申し訳ありませんでした。われわれが間違っておりました。

Indeed, all Canadians missed out on the important contributions you could have made to our society.

じっさい、多くのカナダ人が、あなた方が我々の社会にもたらしたであろう多大なな貢献の数々を享受する機会を奪われました。

You were not bad soldiers, sailors, airmen and women. You were not predators. And you were not criminals.

あなた方はけっして、男女ともに、素養のない兵士や、水兵や、空兵であったわけではありません。あなた方はけっして、「略奪者」ではなかった。そしてあなた方はけっして、「犯罪者」ではなかった。

You served your country with integrity, and veterans you are.

あなた方は誠実に国に奉仕し、退役されました。

You are professionals. You are patriots. And above all, you are innocent. And for all your suffering, you deserve justice, and you deserve peace.

あなた方はプロフェッショナルです。あなた方は愛国者です。

そしてなによりも、あなた方に罪はありません。

あなた方の味わった苦しみには、相応の正義がなされるべきです。

そしてあなた方には、心の平穏がもたらされるべきです。

It is our collective shame that you were so mistreated. And it is our collective shame that this apology took so long?many who suffered are no longer alive to hear these words. And for that, we are truly sorry.

あなた方が社会によって不当な扱いを受けたことには、われわれ全体が恥ずべきことです。そして、この謝罪を行うのに、これほどまでの時間を要したことを、われわれは全体として恥じなければなりません。苦痛を味わった多くの方がたは、この言葉を聴くまで命を長らえることができませんでした。

そのことについて、われわれは大変申し訳なく思っております。

To the loved ones of those who suffered;

苦しみを味わった方がたの愛する方がた。

To the partners, families, and friends of the people we harmed;

危害を加えられた方がたのパートナー、ご家族、そしてご友人の方がた。

For upending your lives, and for causing you such irreparable pain and grief?we are sorry…

人生をひっくり返し、生涯癒えない痛みや悲しみを生じさせてしまったことを、心よりお詫びいたします。

We also thank members of the We Demand an Apology Network, our LGBTQ2 Apology Advisory Council, and the Just Society Committee for Egale, as well as the individuals who have long advocated for this overdue apology…

「謝罪を求めるネットワーク」の方がた

「LGBTQ2謝罪諮問評議会」

「エガールの公正な社会を求める委員会」

そしてこのあまりにも遅い謝罪を長く求め続けてこられた、

すべての個人の方がたへ。

感謝申し上げます。

We must remember, and we will remember. We will honour and memorialize the legacy of those who fought before us in the face of unbearable hatred and danger.

われわれは記憶に刻み込まなければなりません。

そして忘れません。

堪えがたい憎悪と危険に接しながらも、闘い続けてきた先人達の

名誉を尊び、その伝承を称え、記憶しつづけます。

Mr. Speaker, it is my hope that we will look back on today as a turning point. But there is still much work to do.

議長

私はきょうこの日を一つのターニングポイントとして、いつか振り返る日が来ることを願ってやみません。しかし、われわれにはまだまだ為すべきことがあります。

Discrimination against LGBTQ2 communities is not a moment in time, but an ongoing, centuries-old campaign.

LGBTQ2コミュニティに対する差別は、一過性のものではありません。数百年にわたって、いまも息づく「運動」なのです。

We want to be a partner and ally to LGBTQ2 Canadians in the years going forward. There are still real struggles facing these communities, including for those who are intersex, queer people of colour, and others who suffer from intersectional discrimination.

今後われわれは、LGBTQ2のカナダ人のパートナーであり同胞でありたいと思います。これらのコミュニティのなかには、いまでも苦悩に接している方がたがいます。インターセックスの方がた。有色人種のクィアの方がた、そして同族嫌悪の差別に苦悩する方がたです。

Transgender Canadians are subjected to discrimination, violence, and aggression at alarming rates. In fact, trans people didn’t even have explicit protection under federal human rights legislation until this year…

トラスジェンダーのカナダ人は、警戒すべきほどに差別され、暴力や攻撃の対象とされています。実際、今年になるまで、トランスの人びとを固有に保護する連邦の人権法は存在しませんでした。

And, Mr. Speaker, I am proud to say that earlier today in this House we tabled the Expungement of Historically Unjust Convictions Act. This will mean that Canadians previously convicted of consensual sexual activity with same-sex partners will have their criminal records permanently destroyed.

そして議長、

私は、きょうこの日に、この議場において、「歴史的に不当な起訴の抹消法案」を提出したことを誇りを持って申し上げたい。これはつまり、これまで同性愛のパートナーと同意のある性的行為に及んだことで起訴されたカナダ人は、その犯罪履歴を永久に抹消されるということです。

Further, I am pleased to announce that over the course of the weekend, we reached an agreement in principle with those involved in the class action lawsuit for actions related to “the purge.”

さらに、われわれ政府はこの週末を通じて、『粛清』に関わる集団訴訟に関わる人びとたちと和解に達したことをご報告したいと思います。

Never again will our government be the source of so much pain for members of the LGBTQ2 communities.

わが国政府は二度と再び、LGBTQ2コミュニティの人びとに対する苦悩の根源とはなりません。

We promise to consult and work with individuals and communities to right these wrongs and begin to rebuild trust. We will ensure that there are systems in place so that these kinds of hateful practices are a thing of the past. Discrimination and oppression of LGBTQ2 Canadians will not be tolerated anymore…

これらの過ちを正すため、われわれは個人やコミュニティと相談し、信頼関係を構築することをお約束します。こうした憎悪に依った慣習が過去のものとなるよう制度を確実に構築します。LTBTQ2のカナダ人に対する差別や抑圧はもはや容認されません。

Mr. Speaker, Canada’s history is far from perfect.

議長

カナダの歴史は完璧とは程遠いものです。

But we believe in acknowledging and righting past wrongs so that we can learn from them.

しかし過去の過ちを正し、そこから学ぶことができると、われわれは信じています。

For all our differences, for all our diversity, we can find love and support in our common humanity.

あらゆる相違、多様であることについて、われわれは愛し合い、支え合うことを、人類の共通項として見出すことができます。

We’re Canadians, and we want the very best for each other, regardless of our sexual orientation, or our gender identity and expression. We will support one another in our fight for equality.

われわれはカナダ人です。そしてわれわれは、性的指向やジェンダーの自己認識や表現にかかわらず互いに最良を望みます。

平等を目指し、互いに支え合います。

And Canada will stand tall on the international stage as we proudly advocate for equal rights for LGBTQ2 communities around the world.

また国際的なステージにおいても、カナダは毅然と、世界中のLTBTQ2コミュニティに対する平等な待遇を求めてゆきます。

To the kids who are listening at home and who fear rejection because of their sexual orientation or their gender identity and expression;

自宅でこの演説を聴いていて、自分の性的志向やジェンダーに対する意識や表現が拒絶されることをおそれる少年少女の皆さん。

And to those who are nervous and scared, but also excited at what their future might hold;

そして将来について、怖くて不安だけれども、希望を抱きつづけている皆さん。

We are all worthy of love, and deserving of respect.

私たちはみな、互いに愛し愛され、尊敬に値する存在です。

And whether you discover your truth at six or 16 or 60, who you are is valid.

あなたが自分の真実を6歳の時、あるいは16の時、あるいは60の時に知ったとしても、あなたが何者であるかは変わりません。

To members of the LGBTQ2 communities, young and old, here in Canada and around the world:

You are loved. And we support you…

老いも若いも含めたLGBTQ2コミュニティのすべての皆さん。

ここカナダにおいて、そして世界中において、あなた方は愛し愛されるべき存在であり、われわれはあなた方を支えてゆきます。

To the trailblazers who have lived and struggled, and to those who have fought so hard to get us to this place: thank you for your courage, and thank you for lending your voices. I hope you look back on all you have done with pride.

草分けとなって苦難の時代を生き延び、闘い抜いてきた皆さん。そしてきょうこの状況にわれわれを追い込むために闘い続けてきてくれた皆さん。

あなた方の示したくださった勇気に感謝します。そしてわれわれにあなた方の声を託してくださったことに感謝します。あなた方が何を成し得たのか、振り返って誇りに思ってくださればと思います。

It is because of your courage that we’re here today, together, and reminding ourselves that we can, and must, do better.

あなた方が勇気を示してくださったおかげで、われわれは今日ここにともに集い、よりよい世界を目指すことができると信じられるのであり、また、そうでなければならないのだということを心に刻むことができたのです。

For the oppression of the lesbian, gay, bisexual, transgender, queer, and two-spirit communities, we apologize. On behalf of the government, Parliament, and the people of Canada: We were wrong. We are sorry. And we will never let this happen again.

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア、トゥースピリットのコミュニティの方がたを抑圧したことについて、お詫びいたします。政府、議会、そしてカナダ市民を代表して述べさせていただきます。

われわれは間違っておりました。

申し訳ありませんでした。

このようなことは二度と繰り返しません。

Thank you, Mr. Speaker.

議長閣下、ありがとうございます。


人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る