logl・ログル

世界をログしよう!

ログルご利用のユーザー様へ重要なお知らせ

ログルは2019年4月8日をもちましてサービスの提供を終了いたします
サービス終了後にはサイト内の全情報が閲覧できなくなります。必要な情報がございましたら、ご自身で保存をお願いいたします。

【CAG Nico】闘会議2019振り返り #CWL日本代表

plze
2019.02.20

2019/01/28 に公開されたYouTube動画をテキストにに起こしました

参照動画:https://www.youtube.com/watch?v=OMlNFzoNei4

はい、みなさん、こんばんは、こんにちは。今回はですね、後付ということで先日ありましたCWL日本代表決定戦の振り返りをしていこうかなと思います。

結果は準優勝ということで、優勝して海外へのチケットを手に入れることはできなかったんですけど、試合の内容的にはまあまあまあまあ…個人的には悔しいところもあったんですけども、出し切ったところもあったし、出しきれなかったところもあったみたいな、感じかな。

闘会議Day.1

まず1日目から振り返っていきたいと思うんですけど。まず1試合目にGGWPっていうアマチュアチームと対戦して、こちらは無事ストレートで勝利することができました。ハードポイントは250対40か50か、こっちがすごい流れをもっていって。サーチも6−0か6−1かもっていって、コントロールも3−0だったっけな。きれいな形で勝利することができました。

2回戦目の相手がRush Gamingですね。途中から配信されていたんですけど、一試合目のハードポイントが結構GGしたんだよね。250ー200ちょいぐらいでGGして、勝って。サーチを5−6でぎりぎり負けてしまって。で、コントロールを3−1ぐらいで勝ったのかなぁ。ハードポイントを250対160ぐらいで勝ったんですね。試合内容が面白くて、ハードポイントも一試合めのハードポイントがアーセナルで、四試合目がグリッドロックだったかな。曖昧なんですけど、確かそうだった気がします。どっちも僕たち逆転勝ちをしてましたね。基本、100点近くとられるんだけど、そのあと逆転してっていう流れがデフォルト化してたな。サーチ・アンド・デストロイに関しては5−6で負けたんですけど、これはなあ、なんでだろうね。まあ、サーチは苦手なのかなうち、って感じ(笑)

で、コントロールは俺たちは基本やっぱし得意かな。って感じがしました。負ける気はほんとしなかったな。オラオラァみたいな感じでしたね。

1日目はそれで終わって、ウィナーズ勝ち進んで2日目ですね。それからがいろいろあったんですけど。

闘会議Day.2

一試合目Libalent戦はきれいなまでに負けてしまいましたね。ハードポイントは250ー210ぐらいで負けて。サーチは覚えてないんですけど負けて。コントロールも割と普通に負けてって感じでしたね。

で、ルーザーズのほうに行って、USGと対決したんですね。これもハードポイントが逆転勝ちしたような気がする。じゃなかったけな。でも点数はずっと負けてた気がする。そこを逆転勝ちして。サーチについては、配信を見返したんですけど、特に僕とNgtがいろいろ騒がれてたな(笑)

コントロールも、バーッとね。アーセナルだったんですけど、押し倒すことができて、エンドって感じでしたねー。USGは形がすごく良かったですね。

そして最後のLibalent戦だったんですけど。最初、ハードポイントとサーチ・アンド・デストロイが想像以上にこっちの形がグダって、大差で負けて。サーチは1ラウンドもとれないパーフェクトゲームで負けて、もう「うー」って感じだったんですけど。コントロールから巻き返すことができて、3−1で勝って。ハードポイントを250−190?180?170?ちょっと覚えてないけど、それぐらいで勝って。最後のサーチ、5−6で負けちゃいましたね。これもちょっと悔しいね。悔しかったなぁ。

それで、詳細みたいな。今回ボクが個人的に考えてる負けた原因みたいなのは、本番だからか皆んなおかしくなってたっていうね。個人的に感じたかな。いつもできてた動きが、いざ本番で出きてないみたいな。その証拠に、いつも僕たちハードポイントって基本的にずっと……。ハードポイントとコントロールかな。自分たちが得意なのは。

ハードポイント基本的には、どっちかというと「最初の方に点数をとってるんだけど、そのあとにどんどん追い込まれる」みたいなのが、僕たちの多かったデータだったんですけど。大会のときは真逆で。逆に最初いつもできてる形がぜんぜんできないまま行って、そっからやっと修正をして、自分たちのペースに持っていく、みたいな感じになっちゃてたというのが、1日目のRush戦もそうだし、USG戦も、Libalent戦も。Libalent戦なんかは、自分たちの動きができてない状態に、Libalentの圧倒的な押しをぶつけられて負けるみたいな感じが結構あって、うーんって感じでしたね。

そこはこれからなおなきゃだめな課題点ですね。僕たち交流戦の配信とかをしてなかったので、他人から見られる場とか……。配信してると戦績があるってことで、配信してない普通の交流戦より大事になってくると思うんですよね。個人的な意見ですけど。そういう、「絶対勝たなきゃいけない」の経験量がなかったみたいな、感じかな。そこの差を感じましたね。

そのせいで僕たち波にのるのがあまりにもおそすぎて、最後のコントロールから自分たちの波に乗れたんだけど、そのままサーチはGGして負けちゃったね。そのサーチがね……。これは誰のせいでもないと思ってるんだけど、俺が悪いなと思ったのは、判断ミスしてクラスターグレネードを持ってたんだけど、自分が一番最初に死ぬのはまずいって勝手に考えちゃって、わざわざ遠くからクラスターグレネードを1ポのほうに投げたんですよ。

相手のInaba URのグランドスラムが溜まってるのがわかったから、絶対にハードポイントでいう1ポ側に集団でくるっていうのをわかっていたんだけど。ただ安全を優先して遠くから投げて、おかげで誰も倒せなかった。正直あそこで僕が違う判断、つまり、顔を出してもっと良いところにグレを投げていれば、おそらくトロフィーも相手炊いてなかったので、枚数持っていけたかなと思ってます。

これは結果論でしかないからわからないんだけど、そういうちょっとした判断ミスみたいなのは感じますね。やっぱり。

俺個人的にはそこがあれかな。あとは、俺自身がLibalent戦調子がおかしかったんで。コントロールでいつもどおりに戻していけたんですけど、それまでがちょっとあれだったから、それもあるかな。俺としての、オレ個人の反省点は、そんな感じです。

大会の結果的には負けてしまったんですけど、いろいろ良い経験とかできたし。大会とかそういう場にでないと、自分たちの悪いところってわからないから。いくら練習がつよくてもね、大会で勝てなきゃ意味がないってことをWWⅡのときも思ったんだけどね。いつまでも思い知らされるって感じがする。

やっぱそういう勝たなくちゃいけない試合っていうのに慣れないとなっていう感じでーす。

会場にきてくれた人はわかると思うんですけど、僕たち大会楽しみながらやって。試合が始まるたびに「いくぞオラァ」って体育会系みたいな(笑)アホみたいに発狂してたけど。割と大会自体は楽しくできたし、良いメンバーにも恵まれたかなって感じです。今度は僕がもっとみんなを引っ張って、海外へチームで行けたらいいなって思ってます。

次からは、第2回、第3回、第4回、ぼくらCAGが勝ってね。ずっと世界を目指そうかなって感じです。ウェイ! という感じで、ってめっちゃいうね俺。ほんまに。

振り返りこんな感じで終わりたいと思います。応援してくださったみなさん、ほんとにありがとうございました。これからもCAGとして僕はどんどん頑張っていこうと思っているんで、応援の方よろしくお願いします! 皆さんありがとうございました。失礼します。

CAG Nicoユーチューブチャンネル

CWL予選情報サイト

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る