logl・ログル

世界をログしよう!

【全文】マリオメーカー問題からゲーム実況に起こる本当の恐怖を解説する

カツシン
2015.10.13

任天堂のゲーム作品が発売されると、ニコニコ動画のゲームカテゴリのランキングが任天堂のゲーム実況で埋め尽くされるという問題が起きている。このいわゆる「マリオメーカー問題」を受け、 歌い手兼ゆっくり動画職人のゆっくりこうへい氏が問題点をわかりやすく解説し、解決策を提案しました。

参照動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm27326468

鋼兵:さて、この「マリオメーカー問題」と言われる騒動だがな、先に言っておくとこんな名前だが制作ゲーム会社の任天堂とマリオメーカーは全く悪くないからな。

霊夢:あら、そうなの?コメントとかまとめブログでは任天堂のステマのせいとか言ってるのをよく見かけたけど?

鋼兵:ニコニコが公式に動画使用を認めて権利解放してる時点でステルスも何もないだろう?むしろこれからTPPの著作権非親告罪で萎縮する可能性のあるゲーム実況業界にとっては天の助けみたいなもんだ。

霊夢:たしかに今までグレーゾーンどころか限りなく黒に近かったゲーム実況者が胸を張って動画を作れるようになったものね。

鋼兵:しかも、ニコニコ再生数に一番貢献しているのに一銭も入らなかったゲーム実況者にクリエーター奨励プログラムとして金が入るようになったからな、感謝こそすれど恨むなんてとんだお門違いだ。

霊夢:そう言われるとそうだけど、じゃあなんでこんなに問題になっているのさ?やっぱりこれも運営のせい?

鋼兵:まあ全カテゴリにおいての問題は運営にあることは他の解説動画でも話した通りだが、今回の問題点は3つある。

霊夢:3つかあ。想像もつかないわね…

鋼兵:試しに貴様、最初から3つ答えることは期待しとらんから何かひとつでもいい、思いつくものを言ってみい。

霊夢:なんかスッゲー癪に障る言い方だけど…そうねえ、やっぱりお金欲しさにクリエーター奨励プログラムに皆が群がったからじゃない?それでランキングが任天堂で埋め尽くされた、とか?

鋼兵:そんな脳無し頭の3流煽り手にでも思いつくような内容で私が動画を作るか無餡饅頭。

霊夢:(無餡なのに饅頭なのかあ・・・)

鋼兵:かといって皆がやたら「クリエーター奨励プログラムがあ〜!」とかぬかすからな、一応後でクリ奨廃止推奨派の私がクリ奨についても言及してやる。あと運営側、視聴者側両方からこの問題に一番効く解決方法を教えてやる。

霊夢:解決方法なら他のうp主達が色々な案を出していたけれど、それはどうなの?

鋼兵:あんなもの頭で考えた理想論だ。それを現実に実行するための効果的な方法を教えてやるから最後まで聞いておれ。

では、まず3つの問題を一気に出してみるぞ、ホレ。

霊夢:ああ、なんだか分かるものと分からないものがあるわね。

鋼兵:貴様の「分かる」は日本語に訳すと「とよくわかっていない」だから、全て詳しく説明してやるぞ、無餡まん。

霊夢:それ餡まんちゃう、もはやただの蒸しパンや。

鋼兵:とりあえずは一番わかりやすいこれからいくか。

霊夢:ああ、コレは分かるわ。これってアレでしょ?今までメーカーに配慮して新作ゲームはやらないっていうゲーム実況界の暗黙の了解をやぶった問題なんでしょ?

鋼兵:浅い。

霊夢:はあ?

鋼兵:考えが浅すぎるぞ、貴様の思考はボウフラしかわかない水溜りか?

霊夢:だってこれまでの常識をやぶっているじゃない?

鋼兵:メーカーに配慮した暗黙の了解ならメーカーが許可した時点で何も問題ないだろうがボウフラ。

霊夢:(水溜りじゃなくてそっちか…)じゃあなにが問題なのさ?

鋼兵:メーカーに配慮という形の暗黙のルールによって偶然守られてきた、新作実況が起こす問題…それは

問題①「全実況者による同ゲーム一斉投稿」

霊夢:なるほど。んー、でもこんなの新作ボカロが出た瞬間に動画を出す歌ってみたとか踊ってみたとかと変わらないでしょ?別にゲーム実況が特別ってわけじゃないじゃない?

鋼兵:そうだよ(便乗)

霊夢:でしょ?

鋼兵:でも過程が違う。

霊夢:え、どういうこと?

鋼兵:健全だったゲームカテゴリのランキングが新作実況解禁により、歌ってみた踊ってみたカテと同じ状態まで「質が落ちてしまった」。つまりは劣化したということだ。

霊夢:ああ、そういう意味ね。でもそれまでのゲーム実況もそんなに褒められたものじゃないでしょう?今まで色々ブームになったゲームもあるし。

鋼兵:今までのゲーム実況のブームはな、誰かが実況したものを面白いと思い、じわじわと広がっていくというタイムラグがあることによって「なるべく他と被らない内容にする」という工夫をしてきた。

しかし、新作が実況可能になると、皆我先にと他の実況者の動画の内容を確認する前にスピード重視で一斉に実況動画を作り始めるために、他の実況者と同じ流れ、同じ内容になってしまう。

しかも、スピード重視になってしまうためになるべく編集が少なく、台本も必要としないリアクション芸実況かウェーイ系大人数コラボ実況などの中身の無いモノに偏ってしまう。やり込み系や解説系なんかは時間がかかるからな。

霊夢:あー、だから1人マリオマーカー見た後に別の人の動画を見てもなんだかつまらなく感じたのね。皆同じようなことやってたら、見てる方は飽きが早いものね。

でも、一部の人気実況者はすごい数字が伸びてるじゃない?てことはやっぱり動画自体は面白いんじゃないの?

鋼兵:貴様は今までの動画で何を学んできたんだボウフラ饅頭。

霊夢:気持ち悪いからそれだけはやめて!

鋼兵:歌い手やボカロPで人気を得るためには女子高生に好かれることが必須だ。実況も然り、流行り物が好きな若い女子は面白いゲームを見に来ているんじゃない、流行り物ではしゃぐ「かわいい実況者達」を見に来ているのだ。

霊夢:ああ、結局はどこのカテゴリも一緒なのね。「人気歌い手になる方法」の動画でも、「実況も同じじゃん」みたいねコメント多かったものね。

鋼兵:要するにこの問題から起きる弊害は「質の低い同タイトルゲーム動画の乱立によるランキング機能麻痺」だ。

霊夢:なるほどねー。でも、ならやっぱり新作実況を許可した任天堂のせいじゃない?

鋼兵:世界的企業の任天堂がクリ奨を解禁する旨味なんて新作宣伝以外ないだろうが。責めるなら新作は実況許可で止めておけばよかったのにクリ奨まで解禁してしまった運営に言うべきだな。そうすれば大手はクリ奨解禁まで待つからな。

霊夢:たしかにそうだけど。

鋼兵:まあ運営の気持ちもわからんでもないんだがな。

霊夢:あら、珍しく運営にやさしい。

鋼兵:YouTubeも任天堂実況の広告費許可を下したからな。実況者とファンがそちらに逃げるのを阻止したかったんだろうが、それなら他にも打つ手があるのだが、まあそこは解決策でまとめて話すか。

というわけで次の問題点いくぞ。

「任天堂とゲーム実況の相性」

霊夢:これがちょっとわからないのよね、問題ってことは相性が悪いのだろうけど…

鋼兵:いや、相性はいいぞ。

霊夢:あら、そうなの?

鋼兵:そして、悪い。

霊夢:ど、どういうことだ…?説明してくれたまえ、毛利君!

鋼兵:そうですな、それでしたら日暮里警部殿にもわかるように説明するとしましょう。

霊夢:ふむ、頼むぞ。

鋼兵:このマリオメーカー問題について、よく「メルトショックと同じか」「カゲプロと一緒じゃん」「マイクラもそうだろ」という意見があるよな。

霊夢:そうね、爆発に人気になって、皆思惑は違えど一気に関連動画を上げまくってランキング制覇するなんて結構昔からあったものね。そう思うのは普通だと思うわ。

鋼兵:そう思うよな。

霊夢:そうね、特に古参なんてこういうブームは何度も見てるわ。

鋼兵:ところがどっこい残念ながら全然違います。

霊夢:ええーなんで!?マイクラとかも公式がクリ奨認めたり、ランキング制覇とか全く一緒じゃないの?

鋼兵:まあ貴様の頭ではわからんのも無理はない、教えてやるからしっかり聞いとれミトコンドリ饅頭。

霊夢:なんかすっごい青臭そうね、それ・・・

鋼兵:まずメルトやカゲプロなどの関連作品があふれ変えるのは歌ってみたやMMD、描いてみたや踊ってみたなどの多種多様な2次創作の作品だ。要するに「人気コンテンツを使った全く別のジャンルの動画」なわけだ。

霊夢:まあたしかに千本桜もマイクラで作ってみたとかもあったものね。でもマイクラは?MMDは多少あってもほぼゲームカテゴリじゃない。

鋼兵:マイクラもそれに近い、「リアクション実況」「ウェーイ系大人数実況」「造形紹介」「ストーリー作品」「コント」「MOD」「マイクラ技術部」など、同じゲームカテではあるが「マインクラフト使ったまったくの別物」だ。

霊夢:た、確かに言われてみたらそうね・・・

鋼兵:では問おう。任天堂ゲームはどうだ? 特に最近の塗りイカ配管工ゲームはどんな種類の動画があるか言うてみい。

霊夢:え、えーっと・・・リアクション実況とプレイ動画・・・あとは縛り実況とか?

鋼兵:縛り実況は何度もクリアして慣れてきてから、あえてキツい縛りをすることで楽しめる動画だ。しかもそんな高難易度条件で非生産的なことをする特殊性癖のうp主は極僅かだ。

霊夢:確かにローションプレイとか足でプレイとかは特殊性癖に近いわね・・・

鋼兵:要するに最近の人気ゲーム実況者が任天堂のゲームで実況する場合は「ほぼ全てがリアクション実況になってしまう」という事だ。

霊夢:なるほどね。って、あれ? でもそれと相性って関係なくない?

鋼兵:貴様、今人気の実況者がどんなタイプか思い出してみろ。

霊夢:どんなタイプって、キッズや女子中高生に人気のウェーイ系リアクション実況……あ!

鋼兵:任天堂のゲームのコンセプトは子供向け、多人数や家族全員で遊べる簡単明瞭でパーティー向けなどをモットーに作られている。これ自体は素晴らしく、そして皆にそれが受け入れられたから今の地位があるわけだ。

しかしこの任天堂のゲームのコンセプトが、できるだけ編集も楽で、なおかつ勢いだけで動画を作るリアクション系、ウェーイ系実況との相性が良過ぎたのだ。

霊夢:なんだか段々わかってきたわ……。

鋼兵:ゲームのおもしろさより、アイドル化した実況者たちの一挙手一投足を見ることを楽しみに来ているファンたちのニーズとも、完璧な相性だしな。差し詰め、実況者の『東京フレンドパーク』、『アイドル大運動会』みたいなもんだ。

霊夢:『フレンドパーク』とか、懐かしすぎて餡子もれちゃう! 確かにあんなものはゲーム内容というより、出演しているタレントたちのファンがリアクションを楽しむものだものね。

鋼兵:要するに任天堂のゲームはアイドル系実況者やグループ系実況者との相性が良過ぎ、他のゲームカテ住人と相性が悪いため、結果的に「人気実況者御用達ゲームばかりが権利許可が下りている状態」になってしまっていることだ。

霊夢:なるほど、なんか今胸につっかえていた違和感が一気に取れた気がするわ。

鋼兵:頭部だけなのに胸につっかえるとかこれ如何に。

霊夢:そこツッコむ?

鋼兵:そしてこの問題による弊害は簡単だな。彼らアイドル系うp主達とそのファン達に対して、それ以外のカテ住人からのヘイトが溜まる。

霊夢:まあそれは何となく気持ちわかるわ。

鋼兵:しかしそれでは終らない。恐怖はこれからだ。

霊夢:え? 恐怖?

鋼兵:今やゲーム実況はゲーム実況内に収まらず、その再生数やマイリス数から総合ランキングを独占するまでい至った。ゲームカテゴリからカテゴリ総合へとステージが上がったのだ。

霊夢:ま、まさか……

鋼兵:「アイドル実況者御用達ゲーム」でキャッキャウフフする実況者達ファン専用の動画に、全カテゴリの関心が集まる。つまり……

鋼兵:全ニコ厨からその実況者だけでなく、任天堂にまでヘイトが溜まるのだ。

霊夢:こいつはきっついぜ。とっつぁんよ。

鋼兵:自社の思惑があるとしても、せっかくゲーム実況者のために開放したはずの任天堂が、そのことで結果的に全ニコ厨から嫌われるという……。まさに元も子もない話なわけだ。

霊夢:そりゃあこれだけの人間に嫌われてれば、例え中身のない批判動画であっても鬱憤晴らしで数字は伸びますわ。

鋼兵:まあこんなものちょっと考えれば思いつきそうなものだがな。この失態はひとえに新作権利開放を任天堂単独で交渉を進めた運営のせいなんだが、まあ致し方ない面もある。

霊夢:あら? なんだか今回は運営に優しすぎない? 金でほっぺた叩かれでもしたの?

鋼兵:私は常に愛であふれているぞ? いくら「クソ運営」「下痢運営」とタコいじりにしても、それは叱咤激励だからな。

霊夢:嘘だぞ……。絶対ストレス発散だぞ……。

鋼兵:任天堂ゲームのようなパーティーゲームやアクションゲームは、プレイしているところを見て楽しそうだなと思い購入したくなるが、他のゲーム、特にストーリー物などはネタバレしてしまうと面白味が半減してしまうからな。なかなか許可は取れんだろう。

霊夢:確かに実況で全編見たら、もういいかなって気になるものね。だから新作を実況するのはタブーだったわけだし。

鋼兵:そういう理由だから次の「ゼルダ」は発売同時実況許可は下ろさんかもしれん。今後他のゲーム会社が新作許可を出しても、パーティアクション系の可能性が高いから、この流れはしばらく続くだろうな。

霊夢:この騒動を見て。他のゲーム会社が萎縮するかもしれないしね。

鋼兵:私的にはすでに著作権非親告罪のあるアメリカでようつべ(YouTube)が生き残ってるのだから、ゲームカテ自体の萎縮はあまり心配していないので、問題ないかとは思うんだがな。

では最後、この問題に触れていってみようか。

霊夢:みようぞ。

霊夢:ああ、これはわかるわ。実況者がみんなようつべに進出し始めているってことでしょ?

鋼兵:まーちがーいでーす。

霊夢:クッソムカつく……。じゃあ何なのさ! 重視って言うなら他にないでしょ?

鋼兵:別にニコニコで有名になった実況者が金のためにニコニコからようつべに流れていくことは私的には悪いことだとは思わん。むしろそのファンを連れて出て行ってくれるなら、願ったり叶ったりと思うものも多かろう。運営は真っ青だろうがな。

霊夢:そりゃドル箱ですもんね。

鋼兵:問題はな、このようつべに進出した実況者がな、ようつべの要素をニコニコに持ち込んでくることだ。

霊夢:ようつべの要素……? あ、わかった!

鋼兵:貴様も気づくくらいだからわかった者も多かろう。そう、「ようつべ特有のクソサムネ」だ。

霊夢:これは本当に感じたわ。何だか急にようつべっぽいサムネが増えたのよね。

鋼兵:これまでのゲーム実況では、プレイ中に起きたおもしろい場面を切り抜いて、視聴者に「何かおもしろいことが起きている」というところを見せて、動画に興味を持たせるという手法がスタンダードだった。

霊夢:そうね。動画内で「お、これサムネに使おう!」とかいうやり取りあったりするもんね。

鋼兵:しかしな、「スプラトゥーン」あたりから突然、キャラクター画面半分、フォント大文字、カラフル配色の、YouTuber特有のサムネ専用画像を用意して使い始めたのだ。

霊夢:本当これびっくりしたわ。「マリオメーカー」発売日当日に、突然ランキングに同じマリオの顔がドアップで載ってる差胸の動画が並んでるんだもの。ぶっちゃけ気持ち悪かったわ。

鋼兵:私はな、今回に限ってだが、この「マリオメーカー」問題が大きくなった最大の理由がこの弊害、ようつべ特有のクソサムネの乱立にあると思っている。

霊夢:え? これが最大の理由なの?

鋼兵:はっきり言ってな、私はこの問題を取り扱おうと思うまではこのクソサムネがあまりにも気持ち悪くて、「マリオメーカー」の動画は自動マリオかプレイ動画しか見ていなかったのだ。

霊夢:そうなの?まあ確かにこれだけ似たようなサムネが並ぶと気持ち悪いけど・・・

鋼兵:このサムネの作りはな、YouTube特有の関連動画で表示された際に、マリオメーカーをやっているよ」と初見でも分かるようにするために、動画の中身ではなくパッケージを見せて動画を開かせる手法だ。

霊夢:ああ、そういう事ね。まあ確かにマリオメーカーの動画だって事はすぐにわかるわね。

鋼兵:しかしな、このYouTubeのサムネは、様々なジャンルの関連動画から再生してもらう為や、自分の動画だという事をファンにすぐに見つけてもらうための手法の為に、象徴的なキャラクターを全面に出し、目立った大文字のフォントを使う。要するに、ものすごく自己主張が強いのだ。ただでさえ自己主張が強いサムネなのにそれが乱立してみろ、それはもはや目障りでクッソウザくなるだけだ。「マリオのサムネがウザい=マリオメーカーがウザい」となるのは必然だ。

霊夢:んー・・・なんとなくわかるけど、そんなことで皆がマリオメーカーをウザいと思うかしら?

鋼兵:もしHIKAKINの顔面ドアップサムネがランキングを独占したらどう思う?

霊夢:クッソムカついて液晶叩き割るわ。

鋼兵:HIKAKIN本人に対しての印象はどうなる?

霊夢:地に落ちるどころか次元を超えてコキュートス(地獄最下層)まで落ちるわ。

鋼兵:そういう事だ。

霊夢:すげー納得した。

鋼兵:さて、ここまでで「三つの問題点から起こる三つの弊害」を説明してきたが、とりあえず並べてみるぞ、ホレ。

霊夢:こうやって並べてみると、実況者本人のファン以外からは嫌われてもしょうがない気がするわね・・・

鋼兵:そうだな、そして改めてみると何が原因かはわかるよな?結局はやはりクリ奨のせいでもゲーム会社やゲームのせいでもない。「実況者本人たちが個々の意志で行う行為」事態が原因だ。他は引き金にすぎない。

霊夢:まあ、そうなるわね。

鋼兵:だからよく信者どもが「〜さんは悪くない!原因は〜さんじゃない!」というのはお門違いなわけだ。「収入や数字と、自分に降りかかるマイナス要素」を秤にかけて動画を上げることを選択したのは実況者本人だからな。

霊夢:クリ奨が許可されているからやってるんだろう!なんて非難コメが来る事なんて発売日当日に急いで動画を上げる職業実況者さんたちは十分に分かった上でやっているはずだものね。

鋼兵:そう、だからクソ運営のガイドラインで言っていたこともおかしいわけだ。批評非難は全然していいと思う。特に「サムネ変えろ」なんて、誹謗中傷ではなくアドバイスだからな。もちろん国籍や身体障害者を揶揄するクソ共は論外だ。

霊夢:動画内容や実況者の行為とは無関係だものね。

鋼兵:荒らし行為が横行するのはNG機能とランキング機能を強化しないクソ運営の怠慢のせいだから、プレミアム会員は思う存分運営を批評しろ。月6000円払ってるお客様だからな。「ユーザーの皆」とか呼ばせるなよ。

霊夢:ホントそれ。

鋼兵:まあこの話はこれで置いておいて、ここから本動画のタイトル「マリオメーカーからゲーム実況に起こる本当の恐怖」の話をしていこう。

霊夢:ああ、そういうタイトルだったわね。忘れてたわ。

鋼兵:ぶっちゃけこれについては現段階では運営が動かないと解決策がない破滅的な話だ、心して聞けよ?

霊夢:お、おう来いやー!

鋼兵:時に貴様に問おう。今までのニコニコの歴史で「ランキング荒らし」とされてきたブーム、例えば最近私に触発され乱立している批評堂がはそうだが、これらと今回のマリオメーカーで「決定的な違い」があるのだが分かるか?

霊夢:んーそうねえ、お金が絡んでいるとか?

鋼兵:金の事なんて言ったら今までボカロPが何千何億儲けてきてると思っているのだニュートリ脳味噌。

霊夢:ノーベル賞を悪口に使うのはやめて。というか結果的にはいつものブームと同じなんじゃないの?

鋼兵:今までのブームは一つのコンテンツについて1人1つの動画を出してきた。千本桜なら歌い手は歌ってみた動画を一本、踊り手なら踊ってみたを一本のような多様性もありまさに祭りのようにな。しかし今回のは違う。

現在最人気カテのゲーム実況者が一斉に任天堂の一つのタイトルに飛びつくことによって、同じマリオがこちらを見て自己主張をしている不愉快なサムネの動画が一斉に量産される。

しかも、マリオメーカーにはエンディングが存在しない。様々な人気実況者がウェーイ系リアクション動画を数日にひとつのペースで終わる事のなく排出していく。つまり・・・数十万再生のYouTubeノリのクソサムネ動画の大量生産永久機関が誕生したのだ。

霊夢:うわあ・・・

鋼兵:考えてみろ。10人の人気実況者が3日にひとつマリオメーカーの動画を作ったとしたら2週間でどうなる?

霊夢:カテランを40以上ものマリオメーカー動画が埋め尽くす・・・

鋼兵:終わりがないんだから、それが数十パートまで続くぞ。しかも人気うp主だけではなく、様々なうp主がマリオメーカーを数日に1本のペースで排出するわけだ、もはやSARSレベルの感染爆発だ。

霊夢:これ、ゲームカテゴリの問題で終わる話じゃないわよね?

鋼兵:そう、他人気カテの軒並みの衰退によりゲームカテ一強になった事と、公式アニメによる総合ランキング制圧によってただでさえ「動画ランキングサイト」としての機能を失いかけているニコニコに今回の問題・・・

マリオメーカー問題がきっかけで、ニコニコ動画が終わりを告げるかもしれん。

霊夢:こ、これがマリオメーカーから見る・・・本当の恐怖・・・

鋼兵:この問題を語る際に「好きな物だけを見てればいいじゃん、ランキングなんて気にするなよ」と言うお馬鹿さんは、一度私の無能運営の動画を見ると良い。君の好きなニコニコ動画がなくなるぞ。

霊夢:アンタ、確か最初に「解決策はある」みたいなこと言っていたわよね?これいったいどう解決するのさ、全く思いつかないんだけど・・・

鋼兵:そうだな、じゃあまず運営の行動のほうから解決策を提示して、最後に現在貴様らが出来る最強の一手を教えてやろう。感謝せい。

霊夢:あざーす!

鋼兵:ではまず運営のほうだな。簡単な話だ。クリエイター奨励プログラムを親登録された作品だけに与えろ。動画自体からは無くせ。

霊夢:ええー、それはうp主からの反発凄いわよ!?

鋼兵:代わりにプレミアム会員うp主全員にユーザーチャンネル開設の権利を与えて、そこで稼がせればよい。

霊夢:え、それだとあまり変わらなくない?

鋼兵:そんなんだから貴様は一生搾取される側なんだ。

霊夢:まあ饅頭だしね。食われる側よ。

鋼兵:まずクリ奨のシステムがおかしい。プレミアム会員収入の一部を全登録動画で割ってるんだぞ。お前ら540円のなかの一部がクソ釣り動画や嫌いな実況者に支払われているって事だ、何故怒らん?

霊夢:た、たしかにそう考えるとムカつくわ。

鋼兵:しかも登録動画には登録抹消期限がないため、年々増えていっているのにも関わらず、プレミア会員の増加率は年々落ちているからな。古参うp主なら周知だ。クリ奨なんて皆に比べて今や小遣い程度だ、そのうち機能しなくなる。

霊夢:ああ、某うp主は昔は年に数千万稼いでたとか言ってたものね。でもそれってチャンネルに変えたところで動画で数字を稼いでる時点で同じじゃない?この状況は何も変わらないと思うけど。

鋼兵:動画で金を稼ぐクリ奨と、「動画で人気を得て各々で金を稼ぐ」ユーザーチャンネルとでは全くの別物だぞ。

霊夢:どういうこと?

鋼兵:クリ奨は「動画単体がたたきだした数字」に応じて、私たちプレミア会員が払う540円から勝手に金を支払われる。釣りでも煽りでも良いモノでも悪いモノでも、クリエイトなんてしていない転載でもバレなければ金がもらえるわけだ。

霊夢:クリエイターって何だっけ?って話よね。

鋼兵:ゲーム実況で言うと、よくある話がヒットシリーズを出したら出来るだけそのシリーズを長く続けてクリ奨をもらいたいが為に、本来一動画で収まるはずの内容を引き伸ばし、より多くクリ奨をもらおうとする。

霊夢:あるあるすぎる。

鋼兵:一動画の中身より、どれだけ一ネタで引っ張れるかを考えてしまうわけだから、必然的に動画の質も下がってしまうわけだ。

霊夢:ジャンプ作品かな。

鋼兵:それよりは面白い物をつくるうp主のチャンネルに「自分の意思で」金を出させるユーザーチャンネルのほうが健全だろう?うp主はより面白い動画を作ってファンを増やそうとするし、金目的の釣り動画や煽り動画もなくなる。

霊夢:それは理想論じゃない?そんなことしたら皆YouTubeへいっちゃうでしょ。

鋼兵:行けばいい。

霊夢:えっ・・・

鋼兵:それでYouTubeにうつるのは小銭稼ぎの釣り師だけど、普通は両方にうpる。

霊夢:た、確かに。

鋼兵:しかもこれによって金の払えないくそガキ人気で持っているヤツは収入がなくなり投稿意欲もなくなるから、自然と「金の払いたくなるような中身のある動画」を皆が作り始める。そういう人間が評価されるわけだからな。

霊夢:ぐう正論。

鋼兵:そもそも金のないくそガキどもが一般会員とプレミア会員の1再生1マイリスが同じ価値で扱われていること自体がおかしいのだ。運営もプレミア会員を増やしたいのならプラミア会員の意見を通りやすくするのは当たり前だ。

霊夢:プレミア会員の再生やマイリスを一般の倍くらいの価値にすれば、再生工作やマイリス工作も減りそうだわ。

鋼兵:もちろんn、MMD開発や動画素材などの価値のある偉業を成し遂げた物にはちゃんと「親登録作品だけには金が入る」という形で支払えばよい。要するに、安易に「クリ奨をなくせ」というのではなくて、ちゃんと「クリエーターを奨励」すればよいのだ。

霊夢:なるほどね。でも親作品を自分の動画とかにして「親登録詐欺」みたいなことが増えそうじゃない?

鋼兵:そんなもの運営が見つけたり、通報で発覚したら倍額を請求するようにすればよい。クリ奨登録の際には一般会員でも個人情報をドワンゴに送っているからな、地獄の底まで追いつめるのは容易いぞ。

霊夢:ウジジマ君不可避。

鋼兵:任天堂作品も有料チャンネル限定での動画に使えるようにすれば、アイドル実況者共を隔離病棟で狂乱させられる事になるから、ランキングも荒れないし、荒らしも来ない。クソサムネも私たちの目にとまらなくなるから一石二鳥だ。

霊夢:なんかいいことしかない案なんだけど、なんで運営はこれをやろうとしないの?

鋼兵:無能だから。

霊夢:元も子もねえ。じゃあ私たちが出来る事なんて運営が有能になるまで待つくらいしかないって言うの?そんなの絶対無理じゃない。

鋼兵:それについてはちょうど最近貴様らがすぐにでもできる解決策が提示されたぞ。

霊夢:え、うそ?なにそれ、知らないんだけど?

鋼兵:ニコニコ運営長が「ニコニコガイドライン」を作成した際にニコニコインフォで記事を書いただろ?

霊夢:ああ、クソガイドラインを紹介した中学生以下の文章構成力しかない記事ね、それがどうしたの?

鋼兵:あの記事に書いてあっただろう?なんかおかしいなと思ったらぜひ遠慮なくご意見やおしかりをお寄せくださいと。だからご意見やおしかりをお前らで直接おくればよい。

霊夢:ええ、どこに?しかも送ったところでユーザーのいうことなんて聞くとは到底思えないわ。

鋼兵:ニコニコにはちゃんとユーザーからの問い合わせを受け付けるサービスカウンターがあるのは知っているか?

霊夢:え、そんなのあるの?知らなかったわ。

鋼兵:「ニコニコ、サービスセンター」でぐぐれば一発で出てくるぞ。まずはな、そこにちゃんと1ユーザーの要望として皆でこの問題に関しての問い合わせをしろ。これは正当な行為であって威力業務妨害にはあたらないからな。

霊夢:ちょっとぎりぎりな感じもするけど・・・

鋼兵:大量の同じ意見が送られれば社内で上に報告が入り、社内会議の議題に上げられることも多い。まずはその「何かすごい問題が起きている」ことを社内の上の人間に認識させるという外堀を埋める。

霊夢:なんだか作戦じみてきたわね、おもしろいわ。

鋼兵:しかし、これまでのニコニコ運営を見ていれば分かる事だが、ドワンゴの方針は完全にトップダウン制だ。川上、夏野の両名を動かさないことにはいくらニコニコ動画や社内で問題が起きても何も動かん。

霊夢:確かにそれは皆死ぬほど痛感してるわ。

鋼兵:しかしな、最近この体制を崩せる突破口が見つけられてしまった。

霊夢:な、なにそれ!?知らないわよ、そんなこと?

鋼兵:貴様、先日のクソガイドラインが発表されるにあたって、あるひとつの噂がまことしやかに流れたことは知っているか?

霊夢:え、なんだろう?「鋼兵は運営がユーザーの不満のガス抜きをするために使われている運営の犬だ」っていうコメントのこと?

鋼兵:ある女性生主がたった1週間でコミュレベル100を超え、そのスピードと洗練されすぎた環境から業者の仕込みだと疑われ、放送が荒らされた。それにショックを受けた生主がTwitterで悲しみのつぶやきをしたのだ。

霊夢:へー、そんなことあったの。でもそんなことよくある話じゃない?実際に業者の仕込みな場合も多いし。

鋼兵:それを見た彼女のファンはTwitterで角川ドワンゴ取締役こと夏野氏に公に現状を報告した。

霊夢:それもよくある話ね。

鋼兵:普段はそんな報告は無視するかのらりくらりと交わす夏野氏だが、なぜか今回は「情報ありがとうございます。適切な運営のために参考にさせていただきます」と返信し、翌日にニコニコ新ガイドラインが発表された。

霊夢:ファ?

鋼兵:これが仕込みかどうかなどは今回の問題ではない。要するに夏野氏は「Twitterなどではユーザーからの要望をちゃんと見ている」という事実を示してしまったわけだ。

霊夢:そうね。たまたまかどうかはわからないけど、返信してくれてるものね。

鋼兵:突撃しろ。

霊夢:えっ?

鋼兵:この動画を見てくれ。こんな問題があるから動いてくれと皆で彼のTwitterにリプライしろ。

霊夢:えー!?

鋼兵:ニコニコの上のやつらはニコニコ動画なんか見ておらん。いくら動画内で問題提起しても見られてないなら話にならん。社内で問題を周知させ、取締役に直接「この動画を見ろ」と皆で伝えればいい。嫌でも見ざるをえない状態にするのだ。

霊夢:なるほど。

鋼兵:某有名実況者がこの問題に言及している動画が伸びているが、あれではダメだ。感情論では奴らは動かん。問題の大きさを周知させ、マイナス面と打開策を提示しなければ商売人の心は動かん。

霊夢:そんなもので動いたら今のニコニコの現状になってないものね。

鋼兵:もちろん数字に説得力がないと何の意味もないから貴様らマイリスよろしく頼むぞ。

霊夢:お前もかよ!

鋼兵:あとはな、もし貴様らの周りにマリオメーカー実況をしている実況者の信者がいたら無理やりにでもこの動画を見せろ。別に納得してもらわなくてもかまわん、感情論ではなく皆にこの問題の本当の問題点を知ってもらうべきだ。

霊夢:また私の大好きな実況者を叩く動画だわって思われて、本当は伝えたかった層に見てもらえなかったら意味ないものね。

鋼兵:そういうことだな、要は現状を変えたかったら自ら動けってことだ。

霊夢:なるほど。

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る