logl・ログル

世界をログしよう!

復活起業家が本音で語る! 「失敗からの復活起業フォーラム」パネルディスカッション【3/3】

一般社団法人MAKOTO
2016.06.10

日本初の再チャレンジ支援に特化した投資ファンド「福活ファンド」を運営する一般社団法人MAKOTO主催により、2016年3月25日に「失敗からの復活起業フォーラム」が開催されました。再起業から成功した起業家含む4名による「失敗からの復活」をテーマにディスカッションを展開。これから再チャレンジする人へメッセージを伝えます。

主催:一般社団法人MAKOTO 協賛:株式会社福島銀行

福活ファンド http://rechallenge-fund.com/


日本初の再チャレンジ支援に特化した投資ファンドである「福活ファンド」を運営する一般社団法人MAKOTO主催により、2016年3月25日に 「失敗からの復活起業フォーラム」が開催されました。再起業から成功を果たした起業家であるクラウドワークス・吉田氏、SYホールディングス・杉本氏、ベンチャー企業政策に関わる経済産業省・石井氏、主催者MAKOTO・竹井(モデレーター)の4名が登壇し、「失敗からの復活」をテーマに熱いディスカッションを展開。二人の起業家がありのままに語った実体験を軸に、再起におけるハードルやリスクマネーへの期待、これから再チャレンジする人へのメッセージを伝えます。


【なぜ再起できたか】

竹井 お二人は再起が出来ていますが、まだ再起が出来ていない方もいて、そこには先程のマインドの変化、それから周りの人のつながりとかあると思います。私個人的には自分の失敗を客観的に分析できてそれに手が打てるかどうか、というのはすごく大事なところかなと思っています。何故、他の方は再起できなくて、ご自身は再起できたと思われていますか。

杉本 はい。一言でお話しするのは、非常に難しく、複合的な要因があると思います。短い時間の中で大きな要因を上げるとすれば、まさしくさっき吉田さんがおっしゃったような過去にこだわらないということ。僕もいろんな方がいらっしゃって。お金を貸した人が4,000万ぐらいお金を返してくれないとかですね。じゃあその人を恨んで、何故お前は金返してくれなかったのだと。考えてみれば、その人を信用してお金を貸したという自分が悪いのですよね。だから、いつか返してくれたら嬉しいなと言って。

 実は、そのお金貸した方が先日いらっしゃったのですけど、『杉本さん、僕破産します』と。で、僕は『それは、困りますね』と。すると、『そのかわり、一つだけ道が残されています。僕に出資してくれませんか』『僕が再起をしたら、お金が返せるかもしれないです』と。さすがですね、凄いなこの人はと思いましたね。500万だけ出資させて頂きましたけど。

竹井 おお、凄い。

杉本 今、大決心して細々とやってらっしゃるのですけど、『いつか返す』と言っていただいて。そういう事だと思うんですね。過去にこだわらないという事を意識して生きています。

竹井 なるほど。それがコツという事ですか。

杉本 いえ、やはり再起できていない方々もいらっしゃいます。そういう方々とお話しをする機会もあるのですが、やはり、どうしても過去にこだわっている人が多いかなというのは、僭越ながら感じることは多いです。あの時はこうだったとか、過去に戻りたいとか。それは絶対に我々が生きている中であり得ない話ですので。そんな生産性のない話をしてもしょうがないので、じゃあ前へ、後ろを振り返って後ろ向きの仕事をするよりも、過去は変えられないのですけど、未来は変えられる。だから未来をどう前向きに変えていくかという事と情熱を持って自分自身がどこまでやり切れるかというところだと思います。

竹井 ああ、なるほど。有難うございます。では吉田社長、お願いします。

吉田 身の程を知ったという感じですかね。やはり再起できていない人って、やはり強情で俺は出来るはずだとか。自分の欠点をまだ受け入れていなかったり。私が大きな転機になったのは、俺は器が小さいのだという事を言い始めたら、だんだん人が助けてくれるようになったのですね。

 やはりそういう事をありのままに言ったりとか、売上は作れるけど事業が作れないという事を言ったりとか。あと、私一番仲良かった役員が、抜けて行ったので、人を見る目が無いと言って、うち採用は合議制です。私単独で決めた採用って、いま創業から5年経っていますけど1件も無いです。基本的には当時3人でやったのですけれども、私が言っても他の2人が即答でYESと言わないと採用しないとかですね。

 結構自分に幾つか制約を掛けて、自分は基本的に足りない人間だったという事をもう明確に設定をして受け入れたという。だから、ある種の諦めですよね。なんでかと言うと、別に自分が足りていたり足りていなかったりは何でもよくて、人の役に立ちたいというゴールが明確なので人の役に立てれば何でもよいと考えています。

竹井 ある種の自分のプライドを壊していったというのはありますよね。

吉田 それは凄くあると思いますね。

石井 ベンチャーを応援している中で、いろいろな起業家の方とよく話しするのですけれども、吉田さん、すごい愛されキャラですよね。

(会場笑)

石井 若手の起業家の人は、吉田さんが大好きなのです。吉田さんとお付き合いすると、話している中で、自分を出されますよね。あんまり飾っていこうというようなことではなくて、自分の弱いところは弱いところで、ちゃんと言われるし。強いところは強いところできちんと押し出すというのがあって、そういったところはすごいなと思います。

 実は、役人って、平等の原則があって、みんなと平等につきあわなければいけない、というところがあります。しかし、我々のように、産業支援をやっていると必ずしもそうではないところも出るのです。政策の観点から、やはり応援したい、人は応援したいといった場面があるのです。人のために、社会のためにやってやろうという人がそうです。それから、飾らず、弱い所も認識し、でも信念を持っている人は何か応援したくなるのです。そういったところが結構あるのではないかなと思います。

吉田 杉本さん、何でそんなに友達が多いのですか。ちょっと、羨ましいのですけど。なんでそんな倒産直後に出したいと言う人がそんなにいるのですか。普通に考えたらあれだけ400億円とかやって。やらかしちゃったよこいつ、になりかねないですよね。ちょっと痛い奴だみたいな。それでも、もう全然出すよみたいな、5ヶ月後には。

杉本 いや、でも、まさしくそこで吉田社長もおっしゃっていたことです。自信を反省して認めた、という事じゃないですか。自分のダメだったところを、やはり反省をして。今、経営もそうですけど。MAKOTOさんのファンドの創設の意義でもある再起業家を応援するというのは、2回目やったら絶対成功確率高くなりますよね。洗練もされてくると思いますし。それなら『ゼロから立ち上がる杉本だったら出してやろう』と言っていただいた方がいらっしゃったので有り難い話です。

吉田 もうほんとに2回目の成功確率は、とても上がると感じています。クラウドワークスは上場まで、労務トラブルと法務トラブルがゼロ件です。なぜかと言うと、前回の起業でトラブルを経験しているので何が問題になるのか把握しています。

竹井 確実に1回目の起業が活きているわけですね。


【学びの経験、メンタルで負けない】

竹井 ちょっと引いて社会全体という目線にいってみたいと思います。日本は失敗に対して過度なアレルギーと言っても良いくらい、ちょっと潔癖症な部分があるのではないかなと思います。多分、イノベーションと言うと、失敗する中から1個でも2個でも生まれてきたら良いと言う世界だと思いますし、その失敗を許容したり、むしろ再チャレンジを推奨すべき部分があると思います。失敗は実は大事ということを、二人のお立場からコメントいただければより強いものになると思うのですが。

吉田 この前サンフランシスコに2ヶ月ぐらい行って、向こうでも投資をしてきたのですけれども、やはり、グローバルでも通じるのは『失敗ってfailureですけど、failureをfailureじゃなくてLearning experienceであり、学びの経験なのだ』と言います。『Learning experienceだ』と言うと「ほほー」と納得してくれるんです。

 このLearning experienceと捉える文化づくりは、今後日本でも求められていくかなと思います。MAKOTOさんの「福活ファンド」はひとつキーになるのかなと。そして、失敗をポジティブなワードに変えていくということも可能になる。

杉本 あの私も僭越ながら、一時的な失敗に関しては、これは最終的に成功に変える事が出来れば、何回失敗しようがそれは過程に変わるので。『失敗を失敗にしない』という事を役員向けの話しでよく言うのですけれども、そこから学べる事というのは沢山あると思います。

 その大きな失敗をして偉そうなことは言えないのですけども、僕は堀江さんに言われたことがすごく印象に残っています。あの堀江貴文さんが、エスグラントが民事再生をした夜に電話をくれまして。もうあのニュースが出ると、もうまさしく誰も腫物に触るかのように電話が一切鳴らないのですよ。民事再生のニュースが出た時に、始めて電話をくれた人が堀江さんで。一応電話に出たら『お前なにやってんだ』と。夜中の3時ぐらいに電話が掛かってきたのですけれども。『寝てました』と言って、寝付けて無かったのですけれども『落ち込んでいる場合じゃねえだろう』と。『たかだか1回起業して失敗したぐらいで何言ってるんだ』と。僕は当然そんなこと言っても数百億円の負債があるんだけど、とか色々言ったんですけど。

 『ばかやろうー』みたいな。『俺は、国と戦ってんだ』と。『俺の立場を考えろ』と、堀江さんが。石井さんがいる前で大変恐縮なんですけど。『お前なんか全然たいしたこと無い』と言われて。ああ、考えてみれば、逮捕、収監されて、お務めに行こうとしている方がこんなにエネルギッシュに『俺は挑戦するんだ』と言っていて、確かにそうだなと。やはりメンタル面ですね、そういう事を石井さんもさっきおっしゃってましたが。

 失敗した人たちを応援すると言う意味でも、日本もそういう活力のある国になっていくためには、絶対にベンチャー起業家を支援していくという事と、それともう一つ再起業家を支援するという事は絶対凄く良い組み合わせで。でも日本もちょっとずつ変わってきているような気がしますほんとに。今回僕も応援していただける方々も沢山いたので。

 やはり、メンタル面で負けないという。

石井 いや、ほんと杉本さんが、おっしゃったように、ちょとずつ、変わっているような気がするのです。で、まさにこのファンド自体も、その先駆けだと思います。僕は、ベンチャーファンドとか色々見ていますが、通常のファンドって10本投資したら1本がホームランで2本がヒット。残りはダメなのです。要は失敗の方が多いわけです。でもそれでもやっていくというところから、ホームランでイノベーションが起こるというところがある。逆に失敗を認めないファンドだけになるとファンドで投資できるところが無くなり、起業自体が少なくなると思います。やはりそういう意味で、アメリカでは当たり前のようにやっている失敗のLearning experienceを取り入れるような、再チャレンジを応援するファンドが、どんどん増えていけば良いと思うのです。


【クロージング】

竹井 はい。有難うございます。最後に、これから再起をされたいと言う方に対するメッセージとか、若しくは、この社会全体に対するメッセージという側面で語っていただければと思います。

吉田 そうですね。財務面でずっと苦しい時にも言っていたのが志。『志ある者は事ついに成るなり』と言う言葉で、中国の言葉です。ほんとに志さえ残っていれば、いつか事を成し遂げられるという事を、僕が苦しい時には、ずっと『俺は、志だけある、志だけある』と言いながらやっていたわけなので。志を強く持ってチャレンジし続けるという事が非常に重要なのかなと思っております。本日は有難うございました。

杉本 最近、日本にネガティブな人がすごく増えたなと思うのですよ。日本が今後少子高齢化になり、国家財政も1,100兆円以上の借金があって、日本財政も破綻する懸念がある。世界経済の中で日本がどんどん取り残されていくと、すごく当たり前の事を当たり前に言う人たちしかいなくて。それに対して解決策を持っている人というのはすごく少ないのかなと思うのですね。

 移民政策とかすごくセンシティブな問題もあるのですけど、やはり日本がダメだダメだと言っているだけではダメだと。それこそまさに生産性のない議論で。じゃあこんな日本を少しでも微々たる力でも、どうやったら変えて行けるかとか、成長産業、イノベーション、いろんな要因はあるのですけど。

 何が出来るかという事を我々起業家が真剣に日本の課題と向き合って、我々が心を震わせて、日本を良くするために一歩でも何かできることをやろう、という気持ちを持つことが大事だなと思っています。小さい国ですが、とにかく我々はまずマンション造りから一生懸命頑張って、世界の中で称賛されるようなマンション造りをしっかりやっていく事で頑張りたいと思います。

石井 いやほんとに、今日、吉田さんと杉本さんとお話しできてすごく良かったです。竹井さんには、再チャレンジファンドについて是非頑張って欲しいと思います。僕らもリスクを許容する、それから再チャレンジを応援する、そういう社会をどんどん作って行かないといけないと思っています。

 一つ今、僕らが取り組んでいるのが、小学校・中学校から、起業家教育です。早い段階で失敗を経験して、でも頑張ろうという気持ちになって貰う、それを拡げようとしています。やはり、挑戦した人を称える、表彰制度もそうですけれども、社会の意識を変えることをどんどんやっていこうと思っています。

 そのためには僕ら自身も率先して、失敗を許容する、それから再チャレンジを応援するというのをしっかりやって行きたいと思います。竹井さんのこの取り組み、ほんとに出来ることがあればなんなりと応援して行きますので、是非、宜しくお願いします。

竹井 最後に今回このファンドなのですけども、福島で出来たというのが、すごく大きなことだなと思っておりまして、逆に言うと福島だからこそ出来たという面もあるのですね。やはり震災や原発の問題があり、いろんな困難がある中で、何か起死回生の手がないかというところで、ほんとに福島銀行さんに大英断して頂いてこのファンドが出来たと思います。これが他の地域だったら出来なかったかもしれない。なので震災があって大変な事も一杯あるのですけれども、そこから新しい芽が生まれて来て、日本が大きく変わっていくという、本当の意味での実現の第一歩にたどり着けたと思っています。改めてほんとに福島銀行さんには、ほんとに心から御礼を申し上げたいと思います。

 このファンドの第一歩を踏み出したので、これを本当に成功させて、福島から日本全体が変わったと言われるような結果を残していきたいと思います。ご登壇者の皆様、会場の皆様、本日は本当にありがとうございました。


<関連ログ>

■1/3 登壇者自己紹介/失敗から再起へ

■2/3 仕事より辛いことをやる/きっかけはお歳暮?/再起のハードル

■3/3 なぜ再起できたか/学びの経験、メンタルで負けない/クロージング

人気ログランキング

最新ログ

もっと見る
TOPへ戻る